FC2ブログ
   
11
:
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

「タブロウ・ゲート」

tableaugate.jpg
「タブロウ・ゲート」鈴木理華 著(秋田書店 プリンセスコミックス)
 写真は、第1巻と最新の第11巻。第11巻のカバーイラストは、第1巻のセルフカバー(と言うかセルフパロディと言うか)になっている。今後このパターンでいくのかしら?

 この作品との出合いは「プリンセスGOLD」に載ったepisodeⅡ。その前に角川書店の雑誌にも連載していたけれど、雑誌そのものの廃刊で中断。その分も秋田書店からコミックスになって出ていますが、設定がちょっと違っていて、これがその続きというわけではありません。
 鈴木理華さんはイラストレーターでもあるので、絵の美しさにまず惚れました。そしてストーリーも、大筋はシリアスなファンタジーなのですが、「コロコロ」(小学館)漫画並みのぶっ飛ばしギャグはあるわ、真剣なバトルはあるわ、非常に変だけど魅力的な登場人物がてんこ盛りだわ、とにかく飽きません。それに、はっとするような台詞がさりげなく語られたりして、中身の掘り下げ方にも満足しています。

 主人公「氷川サツキ」は、只1人の家族(血はつながってないけど)から存在の価値を否定されるという虐待を受け続けて育った為、自分に自信が持てず前に進めない男子高校生。
 対してヒロイン(多分(^^ゞ)「レディ」は、一分の迷いもなく目的に向かって突き進む、10歳くらいなのに大人のようなしっかりした心を持った、心身ともに強すぎるくらい強い女の子。でも、結構優しい面もあるのだこれが。
 で、もう1人、謎の美少女「イレイズ」綴りは英語のeraseと一緒。この子もサツキと同じく迷いがあって進めなかった。

 タロットカードが描かれた絵板「タブレット」から、それぞれの絵の住人「タブロウ」を「はがす」と、現実の世界にタブロウが出てくる。「タブレット管理人」だけがタブロウをはがせる。出てきたタブロウは人間型が多い。明らかに人型じゃないのもいるけど。本来、管理人は1代に1人だけのはずなのに、当代はなぜかレディとイレイズとの2人が存在し、おまけになぜかサツキまでもがはがすことが出来るという異常事態。しかも出てくるタブロウは、はがした人間が持つイメージによって性格が異なるので、登場人物がすごく多い気がする。

 で、「家出」してしまったタブロウ達を回収しなきゃならないし、タブレットの争奪戦はあるし、○○を殺めて自分が人間になることを目論むタブロウはいるし、サツキは自分の迷いと対峙する必要があるし、イレイズは最愛のタブロウを守らなきゃならないし…。
 こんなシリアス本筋のくせに、レディとレディ版太陽はぶっ飛ばしギャグを連発するアホ主従だわ、隠者と悪魔は幼稚園状態だわ、魔術師は露出過多のナイスバディ美女だわ、それを喜ぶエロねずみは出てくるわ、正義と審判は宮崎駿作品のパロディをやる漫才コンビだわ、無意味に脱いでダンスでキメる派手男はいるわ、高校の理事長がマッチョでダンディな泣き虫だわ…。かわいい女の子型タブロウもいるけど中身は要注意だったり。
 だから読んでいて、真面目に考えさせられたり、とにかく爆笑したり、と飽きません。

 第11巻で遂にイレイズが危険な決断をしたけれど、続く「プリンセス」(現在の掲載誌)11月号掲載分ではサツキもやっと前へ進む決心をした。このラスト3ページ分が久々の素敵な展開で、目がハートになりました。サツキ頑張れ!

 登場人物紹介というか、前のプリンセスの付録の栞。敢えてこういうバックで撮ってみた。

tableaugate_2.jpg

 サツキ版月(本名Eliphas)が好きだ。
関連記事

Comment

No title

プリンセスコミックって、最近ノーマークだわぁ(@_@;)
昔はよく読んでたんだけど・・・
そういえば『王家の紋章』って、作者存命の内に完結するんでしょうか?
完結と言えば、『ガラスの仮面』ですか。
連載はせずにコミックスだけ出すという、体調と折り合いをつけながらも細々と連載を頑張って書かれているひかわさんと比べると、ずいぶん楽をされているような気がしますよね?

ちなみに、思う所あって今日ネットでその美内先生の『アマテラス』って本を注文しました。
今は白○社文庫だけど元々は角川からだされていて、それも4巻までで十数年間連載が止まっているんだとか。
それって、先生からのメッセージが込められている作品なんだそうだけどそれが途中ストップでいいんかい?なんて思ってしまいます。
『ガラス・・』も大事だけど、そっちの完結もお願いします・・・ですよ(-_-;)
時間がかかってもきっちりと完結してくれるひかわさんが、地味だけど偉大だと思います。

関係ない話題を長々と失礼しましたm(__)m

同感同感

プリンセス本誌は、他に趣味に合う作品がないのが難点です。(^_^;)昔はかなり好きだったんだけど。GOLDの方が、作家陣を見ても対象年齢に近いのかも。???なのもあるけど。

『ガラスの仮面』って、何年か前に新聞で見た時は、連載は連載用で描いて、コミックスはまた新たにコミックス用に描いているという、とんでもなく手間隙のかかることをなさっているそうでしたが、今はそうなんですか。
時代小説がいきなり文庫でお目見えするのと似た感覚かしら。

『アマテラス』、その様子だと、受ける雑誌がないからって可能性もありますね。雑誌廃刊があると、そこに載っていた作品はそれっきりというのが殆どですから。『タブロウ…』は、角川当時の担当編集者が秋田に行って、復活させたといううわさがあります。児童書でも、A社が児童書出版をやめたせいで、そこから出ていた児童書全てが絶版になったけれど、B社に移った編集者が自分がA社で担当した作品をB社で復活させた、というのがありますから、編集者の力って大きいですよね。

雑誌廃刊じゃないのに、途中で止まって作者が他のことを始めてそれっきり、というのもたまにありますよね。ファンとしてはちゃんと完結させて欲しいですよ、ホント。明らかに、作者が収拾つけられなくなってるな、ってわかるのもどうかと思う。プロなんですから、きちんとケリをつけてもらわないと。始めたら責任をもってきちんと終わらせてくださる先生方は、やはり素晴らしいと思います。

『王家…』は…、見てるとね、作者もファンも出版社も、終わらせる気がないんじゃないか、って気がします。いつ見てもエンドレスで同じことをやってる気がして、さらにファンもそれが続くことを願っているようで。あれはなんかちょっと、別枠だなって気がします。プリンセス創刊から唯一残っているのもあの方だけだし。いまだにかなりの人気があるようだし。ちょっと不思議な存在。私も昔はかなり好きだったんだけどなー、今はちょっと…になってしまった。(^^ゞ

No title

そういえば思い出したけど、何年か前に花ゆめ別冊に掲載してたのを偶然みた記憶が・・・
でもあれ毎号じゃないし、最近花ゆめもララも全然チェックしてないからさっぱり分からんようになっちゃったですよ(-_-;)
ちなみに、あさってはメロの発売日ですね(^^)
『お伽・・』の続きが楽しみです

なるほど~

本誌に連載というわけでもないんですね。

メロディは、ゴムがかかっていて読めないことが多いので、コミックス待ちになってます~。
Secre

プロフィール

龍華(略称るん)

Author:龍華(略称るん)
たま~に更新します。
読み聞かせの記録、贔屓にしているもの、季節ネタなど。
詳しくは「ご挨拶」を。

いま何時?

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

りばーし!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR