FC2ブログ
   
11
:
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

図書館当番(4)

 今回は2人で担当。お相手は、去年入会なさった方なのだけど、とても信頼のおけるしっかりした方で、いろいろ助けていただいたり、とてもやりやすかった。(^-^)

 まず「海」を3番まで歌ってスタート。
だるまちゃんとかみなりちゃん
「だるまちゃんとかみなりちゃん」加古里子 作・絵(福音館書店)
 前に集まった子とお母さんのお膝にいる子とが半々。前にいた子達は不思議と、ラストのページになったら、文を読んでいる途中で、お母さんの所にみな戻って行きました。

わにわにのおでかけ
「わにわにのおでかけ」小風さち文 山口マオ絵(福音館書店)
 みんなよく知っているようで、すぐに前へ集まりました。そして夢中になってよく見ていたこと!今回のわにわには、夏祭りに出掛けます。夜店や花火が楽しいね。

uzurachannokakurenbo.jpg
「うずらちゃんのかくれんぼ」きもとももこ作(福音館書店)
 うずらちゃんとひよこちゃんが、代わる代わる隠れる度に、みんな一所懸命に捜します。表紙から裏表紙まで、ずっとストーリーが続いている本。全部きちんと見せてあげてくださいね。(^^♪

 遊びは、まず
「ふねの船頭さん 乗せとくれ あー ぎことんぎことん 今日は荒波 乗せられぬ あー ぎことんぎことん」
 座ったお母さんの足の上に向かい合って座って、舟こぎ遊び。2回繰り返した後に、「ぎーっちらこ」と、大きくもうひとこぎ、入れました。そうしたら、あら不思議、この前よりも楽しくなりました。
 
「おふねは ぎっちらこ ぎっちらこ ぎっちらこ(ここまでをもう一回繰り返し)せんぞうや まんぞうぞ」
 こちらも同じ体勢で舟こぎ遊び。「まんぞうぞ」で高い高いをします。これも喜ぶ。

「こりゃ どこの 地蔵さん うみの はたの 地蔵さん うみに つけて どぼん」
 お母さんが立ってお子さんを抱っこして、歌いながらゆっくり揺らします。「どぼん」で水につけるような感じで下へ。
 同じ歌で、大判のバスタオルをハンモックのようにしても遊びました。タオルの上に、お子さんに仰向けに寝てもらって、お母さんが頭の方の2角、私が足の方の2角をしっかり持って、静かにゆらゆら揺らして、「どぼん」で下ろす。

「かご かご 十六もん 江戸から 京まで 三もんめ 深い川へ はめよか? 浅い川へ はめよか? やっぱり 『深い川へ どぶーん』(又は)『浅い川へ じゃぼじゃぼ』」
 みんなで手をつないで輪になって、「かごめ かごめ」のようにぐるぐる歩き、「やっぱり」で止まって、「どぶーん」や「じゃぼじゃぼ」で中心へ集まります。「どぶーん」は手を離して大きく、「じゃぼじゃぼ」はつないだまま、さざ波のように。「ひらいた ひらいた」でもそうですが、真ん中へ寄って行くのが、子ども達は大好きです。でも、保育園など大人が少ない所でやると、ふざけすぎてキケンになるのでできません。(^_^;)
関連記事

Comment

Secre

プロフィール

龍華(略称るん)

Author:龍華(略称るん)
たま~に更新します。
読み聞かせの記録、贔屓にしているもの、季節ネタなど。
詳しくは「ご挨拶」を。

いま何時?

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

りばーし!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR