FC2ブログ
   
11
:
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

Raskasta Joulua 2014

 へヴィ・クリスマス。フィンランドの、クリスマスソングをメタルアレンジで歌う全国ツアー。キリスト教の慈善活動にも協力している。今年で10回目だって。だから今年はアルバム2枚発売。しかも一方はDVD付き。
ヽ(^o^)丿

Raskasta Joulua 2014_2

 左のはなんと初の英語版で「Ragnarok Juletide」

 フィン語に耳が慣れてしまっているので、今更英語で聴くと妙~な感じ。何回か聴いている内に、段々馴染んできました。

 3曲の英訳詞をMarco Hietalaが担当していて解説も書いています。

 皆が代わる代わる歌っている2曲の他は、ソロを務めるのはElize Rydと、Marco,Tony Kakko,Jarkko Ahola,JP Leppäluotoの、いわゆるNorthern Kingsの4人だけ。海外展開となるとこの4人中心になるのでしょうか?


 右のはなんて嬉しいこと!去年のライブのDVD付きの「Raskasta Joulua 2」

 フィンランドなんておいそれとは行けませんからね、毎年ファンの方が動画投稿サイトにあげてくださるライブの様子を拝見しておりましたのよ。色々とつままれてますけど、やはり公式もんは映像も音もよろしいわ。
(*^-^*) メンバーの皆さん、ありがとう! Erkkaは最高のプロデューサーだよ! 
 皆さんすごく楽しそうだ。お客さんとの一体感が半端ない。そしてErkkaの笑顔がとってもチャーミング。(上手側のギタリストね)1曲目からツインギターのバトルで盛り上げてくれます。Jarkkoは期待通りに登場から飛ばしてくれる。ほんと、楽しい人だ。Ari Koivunen君の、フィン語の教本通りの「みた・くーるー」(お元気?)に感動。(^O^) JPの色気にやられる。紅一点のElizeが美しい。

 1点だけご注意を。収録日は全員出演の日ということだったんですが、Tony Kakkoだけは欠席してました。だから映っていません。

 アルバムの選曲は、新しい曲と馴染んでいる曲とが両方入っています。Marcoがどこかのインタビューで答えていましたが、アルバムに親しみやすくするためだそうです。クリスマスアルバムの役割というものがあるでしょうからね。

 こちらもちょっとご注意を。Jarkko Aholaは、今年ソロでもクリスマスアルバムを出したせいか、こちらのアルバムには参加していません。ツアーにはいます。あと、結構面白いIlja Jalkanenが、今年は一切参加してません。DVDは去年のツアーのだから、2人ともいます。

 しかしまあ、初めて聴く曲がこれまた随分と、イスケルマ感が強いんだわ。(^^;) Iskelmäイスケルマって、フィンランドで1番人気があるという、日本の歌謡曲に相当するジャンルね。え~っと、メタルアレンジってことなんだよね?これ。もろイスケルマでないかい? 初っ端のMarcoボーカルの2曲で既に、ものすっご違和感! (^▽^;) いや~、どうしようかと思った。そりゃ私、イスケルマのJenni Vartiainenが好きですよ。でもそれとこれとは話が別でしょ。その後、全部聴いたらまあ色々あってよかった。そして何度か聴く内に、これも違和感なくなった。やっぱクリスマスアルバムだからね、うん。こういう歌を聴けるのも、ある意味貴重だ。

 で、2枚聴いて思った。結局私は、皆さん(特にMarco)のお声をたくさん聴ければ聴けるだけ、それでよいのよ。(^^ゞ うん、素直に嬉しい。

 しかし、フィン語の音はやはり面白い。そして、Raskasta Jouluaを聴くようになって気づいたんだけど、行きつけのスーパーで12月にかかっているBGMの中に、Raskasta Jouluaで聴く曲がいくつかあるんだ。クリスマスキャロルなのかな? クリスチャンなら前から分かっていただろうけど、私は違うので知らんかった。

 というわけで、「Raskasta Joulua 2」に収められている「Joulu, Juhla Parahin」のMV
 ロケ地はこれまたなんと、世界遺産のスオメンリンナの要塞!



 歌詞の内容と映像の内容とは、あまり関係ないらしいが、実はまだ歌詞を読んでない。だってフィン語なんだも~ん。(当然) 添削課題を提出するまでは、こちらには手が出せない。 

 あと、歌とは関係ないけど、皆さん演技がお上手。特にMarcoとAntti Railioの表情がすごくいい。

「Ragnarok Juletide」(英語版公式サイト)左上のフィンランド国旗をクリックするとフィン語版に行けます。
「Raskasta Joulua Facebook」

(12/8追加)
トラックリスト

「Ragnarok Juletide」

01.We Celebrate At Christmastime - Tony Kakko, Marco Hietala, Jarkko Ahola, JP Leppäluoto, Pasi Rantanen, Ville Tuomi, Ari Koivunen, Tuple Salmela, Antony Parviainen, Kimmo Blom, Antti Railio
02.The First Noel - Marco Hietala
03.Here On The Hay - Jarkko Ahola, JP Leppäluoto
04.Little Drummer Boy - Marco Hietala, Tony Kakko, Jarkko Ahola, JP Leppäluoto
05.The Elf - JP Leppäluoto
06.Christmas Is Here - Elize Ryd, Tony Kakko
07.Sylvia`s Song - Jarkko Ahola
08.White Christmas - Jarkko Ahola
09.Home For Christmas - Tony Kakko
10.A Sparrow On A Christmas Morning - Marco Hietala
11.Christmas Has Come - Marco Hietala, Tony Kakko, Jarkko Ahola, JP Leppäluoto, Elize Ryd, Ville Tuomi, Pasi Rantanen, Antti Railio, Kimmo Blom, Tuple Salmela, Ari Koivunen, Antony Parviainen
12.Ave Maria - Elize Ryd, Marco Hietala


「Raskasta Joulua 2」

CD
01.Taika joulun pohjoisen – Marco Hietala
02.Jouluvaellus – Marco Hietala
03.Konstan joululaulu – JP Leppäluoto
04.Ilouutinen – Tony Kakko
05.Kellot kuulla saa – Kimmo Blom
06.Himlen i min famn – Elize Ryd
07.1939 – Antony Parviainen
08.Ainaisten lasten joulu – Pasi Rantanen
09.Kristallikehto – Antti Railio
10.Oi jouluyö – Tuple Salmela
11.Ensimmäinen joulu – Ari Koivunen
12.Petteri punakuono – Ville Tuomi
13.Joulu, juhla parahin – Marco Hietala,Ville Tuomi,JP Leppäluoto,Kimmo Blom,Antony Parviainen,Antti Railio,Ari Koivunen,Pasi Rantanen,Tuple Salmela

DVD
01.Enkelikello (Antti) 8:17
02.Mielenrauhaa (Jarkko & Pasi) 4:24
03.Arkihuolesi kaikki heitä (Ari)3:54
04.Tonttu (JP) 5:22
05.Pieni rumpali (Marco, Jarkko, Tuple, JP) 5:28
06.Nissepolkka (Ville) 3:02
07.Sylvian joululaulu (Antony) 8:30
08.Valkea joulu (Jarkko & Pasi) 5:25
09.Oi jouluyö (Elize &Ari) 4:23
10.Julen är här (Elize) 4:25
11.Varpunen jouluaamuna ( Marco & Tuple) 4:52
12.Petteri punakuono (Ilja) 4:46
13.Ensimmäinen joulu (Marco) 5:47
14.Tähti tähdistä kirkkain (Antony) 3:54
15.Ilouutinen (Jarkko) 4:11
16.Ave Maria (Marco & Elize) 4:36
関連記事

Comment

Secre

プロフィール

龍華(略称るん)

Author:龍華(略称るん)
たま~に更新します。
読み聞かせの記録、贔屓にしているもの、季節ネタなど。
詳しくは「ご挨拶」を。

いま何時?

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

りばーし!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR