FC2ブログ
   
11
:
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

図書館当番(2)

 今回は、2人で組みました。私が担当したのは、遊びと最後の1冊。
 まずは「かえるのうた」でスタート。

わにわにのおふろ
「わにわにのおふろ」小風さち文 山口マオ絵(福音館書店)
 一見コワい絵ですが、中身はとっても面白い。ワニのわにわにの、入浴の一部始終。「ぐに ぐな・・・」などの擬音が笑わせます。表紙を見ただけでは手に取るのをためらう子も、1度読めば必ずはまりますよ。

いただきまあす
「いただきまあす」わたなべしげお文 おおともやすお絵(福音館書店)
 これは、お行儀の反面教師の本ではありません。くまくんのぐちゃぐちゃな食べ方には、実際にこれをされたら母として閉口しますが、ラストの満足した顔をご覧あれ。

sandoittisandoitti.jpg
「サンドイッチ サンドイッチ」小西英子 作(福音館書店)
 とても美味しそうな絵です。次々にパンにのせられていく食材を、みんな食べたくなります。ページを繰るごとに、食べに出てくる子達が…。最後はお皿に盛ったサンドイッチを、一人一人美味しそうに頂きました。牛乳もね。(単行本は皆貸し出し中で、これは、月刊誌で出た時の本です。)

 遊びは、今回種類が多くなってしまった。種類を減らして、何回も繰り返す方がよいのだが…。

「ぽっつん ぽつぽつ あめがふる(ここまでをもう一回繰り返し)ざーーーーーっと あめがふる」
 手遊びです。人差し指で掌をとんとんと叩きます。「ざーーー」で掌をごしょごしょするので、くすぐり遊びとしても楽しめます。

「でんでんむし でむし でな かま ぶちわろ」
 でんでんむし、出てこないと殻をぶち割るぞ。人差し指で掌にぐるぐるを描いていて、最後にぱちんと叩きます。初め手遊びしてから、立って輪になって、歌を歌いながらぐるぐる歩きました。

「ふねのせんどうさん のせとくれ あー ぎことんぎことん きょうはあらなみ のせられぬ あー ぎことんぎことん」
「おふねは ぎっちらこ ぎっちらこ ぎっちらこ(ここまでをもう一回繰り返し)せんぞうや まんぞうぞ」
 両方とも、座った大人の足の上に乗って、舟こぎ遊びをするんですが、「まんぞうぞ」の最後で高い高いをするので、こちらの方が気に入られました。実は、最初から「まんぞうぞ」の方をするつもりだったのに、歌いだしたら口をついて出たのが「せんどうさん」の方だった…。いやもう勢いで、出ちまったものはやるしかない、となってしまいました。

「おすわりやす いすどっせ あんまりのったら こけまっせ どすん」
 「どすん」で、それまで座っていた大人のお膝の間に落とされるのが、子ども達には楽しいらしい。最初は普通の椅子のつもりで、次に飛行機に乗ったつもりで早くしたり、三輪車に乗ったつもりで遅くしたり。

「うまはとしとし ないてもつよい うまがつよいから のりてさんもつよい あぱっかぱっかぱっか」
 おんぶして歩きます。「ぱっかぱっかぱっか」で大人はその場で跳ねます。おじいちゃんおばあちゃんが、保護者としていらしている日には、やりません。今回は、若いお母さんばかりだったので、久々にやりました。私に教えてくださった先生は、ここを3回跳ねるのがポイントだ、とおっしゃいました。2回では足らないんです。2度目からは、「のりてさん」をお子さんの名前に変えて、歌ってもらいます。

「かれっこやいて ひっくりかえしてやいて しょうゆつけて たべたらうまかろ ぺろん」
 手で自分のお膝を叩きながら歌います。ひっくり返す時には、掌を返します。2度目からは、みんなの好きな食べ物を、焼いて醤油を付けて、食べます。今回は、イチゴやらカレーやらが登場しました。みんな焼いて醤油を付けて食べましたよ。笑える~。仙台の唄らしくて、「ひっくりかえして」を仙台弁で教えてくださった先生もいらしたのですが、私は最初に覚えたのがこのバージョンだったので、仙台バージョンを消化吸収できないのでした。

 これでも結構、一つ一つを何回も繰り返したんです…。えらく時間があった…。Eテレ「にほんごであそぼ」に登場したものもちらほら。

 次回は2週間後に1人で担当だ。うわお。
関連記事

Comment

Secre

プロフィール

龍華(略称るん)

Author:龍華(略称るん)
たま~に更新します。
読み聞かせの記録、贔屓にしているもの、季節ネタなど。
詳しくは「ご挨拶」を。

いま何時?

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

りばーし!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR