FC2ブログ
   
11
:
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

うさぎ座演芸会(8)

天空亭 魚々太郎さん 「学校へ行こう」
柳青亭 かえるさん  「転失気」
山彦亭 虎之輔さん  「トキそば」
宝笑亭 卯さ銀さん  「代脈」
海遊亭 くららさん  「午後の保健室」
走風亭 満月さん   「家見舞い」

 高座デビューお2人を含む総勢6人という賑やかな会でした。愛好協会の活況っぷり、喜ばしい事です。(^-^)
 新しい方が増えていて、皆さんめきめき上達のご様子。しゃべる方が安定してきたら、動作の細やかさにも気を向けていってもらえれば、更なる伸びしろが期待できますね。前回の勉強会でプロの方からご指導された件などは、あの場にいらっしゃらなかった方々とも、是非意識共有していただきたいところです。私、昔NHK「日本の話芸」を毎週拝見しておりました。都合の悪い時には録画もしてね。別に自分でやる為じゃなく、単に観るのが楽しみだったから。あれ、目線や手元もじっくり見られていいですよね。
 演者が登場したら、その一挙一動を客は観ているわけですから、意味のない動きがあっちゃいけない。動きにも視線にも、全てに意味があるというわけで…。だからぞんざいな動きをしちゃ駄目なんです。前述のプロの方が指摘してくださった基本(これほんと、いなかった方にも教えてね。思いっきりあったよ。^^;)を押さえるのは言うまでもなく、例えば徳利で酒を注ぐ時なんか、猪口に注ぐのか湯呑に注ぐのか、徳利にいっぱい入っているのかそろそろおしまいなのか、それぞれ徳利を傾ける角度とか時間とかが違ってきますよね。芝居じゃないんだから(´・ω・`)って思う? いやいや、ベテランの方はこういう細かいところもちゃんとなさっていますよ。だからリアリティがあって、面白味も増すんです。爪先まで神経を行き渡らせてほしい、絶対もっとどんどん良くなるから、すんごく期待してるのよん。(^^)/

 私はね、聴く専なんさ。在学してた高校に落研があって、当時の先輩の部長と同輩の部長とが凄かったんでさ、彼女達を見ちゃってるから、自分でやるなんて、在籍して稽古していたわけでもないのにおこがましい、って思っちゃうんだいね。(^^ゞ

「山形落語愛好協会」
「山形落語愛好協会裏blogのブログ」
関連記事

Comment

Secre

プロフィール

龍華(略称るん)

Author:龍華(略称るん)
たま~に更新します。
読み聞かせの記録、贔屓にしているもの、季節ネタなど。
詳しくは「ご挨拶」を。

いま何時?

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

りばーし!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR