FC2ブログ
   
11
:
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

保育園年長児

 今回は、お寺さんにある保育園を訪問したプログラムです。お寺さんと絵本の内容とに直接の関係はないんですが、敷地内に竹林があることから、2冊目の「たけ」が選ばれました。

 まず初めに、「めのまどあけろ」の手遊びをしました。これは谷川俊太郎さんの詩に、手振りをつけたものです。
 そして絵本は、

guritoguranoensoku.jpg
「ぐりとぐらのえんそく」なかがわりえこ文 やまわきゆりこ絵(福音館書店)
 ぐりとぐらも、親の世代から続く人気者ですから、この本も子ども達は知っています。子どもって、知っている本が登場すると嬉しいんですよ。大人は未知の本を喜ぶけれど、子どもは違うんです。だから、「知ってる!」って言われたら、「つかみはOっK!」(古)って思ってください。よく見ていて、くまさんのお尻のアップが登場すると、口々に「くま!」って声を上げていましたよ。

たけ
「たけ もうそうだけのおやこ」甲斐信枝 作(福音館書店)
 なんと、この本も絶版ですよ。(;_;)絵は見事だし、内容も濃くて素晴らしいのに。
 一緒に組んだ方が、前回こちらを訪問した折、園長先生と竹の話になったのだそうです。それで、次回年長さんに来る時に、是非この本を紹介したいと言ってこられたということで選ばれました。丁度訪問の3日前が保育参観で、竹林でたけのこを掘り、調理したものをみんなで食べるという「たけのこパーティ」が行われたところで、非常にタイムリーでした。この本の文章を全部読むのは、まだ年長さんには難しいので、ブックトークのように、絵を見ながら、書かれている内容を要約してお話しするという形で行いました。担当の方は元図書館司書なので、プロだったんですわ。子ども達、身を乗り出すようにして、夢中になっていましたよ。

おたまじゃくしの101ちゃん 紙芝居
「おたまじゃくしの101ちゃん」かこさとし脚本 仲川道子 画(童心社)
 この作品は、絵もかこさとしさんによる絵本もあるのですが、今回は紙芝居の方を使いました。天敵のタガメとザリガニが出てきて、結構シビア(?)なハラハラドキドキ展開があります。

 紙芝居の前にみんなで「かえるのうた」を歌いましたが、あとは途中に遊び等は入れませんでした。
関連記事

Comment

Secre

プロフィール

龍華(略称るん)

Author:龍華(略称るん)
たま~に更新します。
読み聞かせの記録、贔屓にしているもの、季節ネタなど。
詳しくは「ご挨拶」を。

いま何時?

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

りばーし!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR