FC2ブログ
   
08
:
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
25
26
27
29
30
31
   

「スーホの白い馬」

 再話をされた大塚勇三さんが、18日に肺炎で亡くなられたそうだ。97歳。
 私がこのお話と初めて出合ったのは小学校の国語の教科書。2年生だったか?
 当時通っていた絵塾で物語の絵を描こうという課題の時に、同い年の子達が皆このお話のシーンを描いていて、先生を驚かせた。
 絵本を知ったのはだいぶ後。息子と絵本を読むようになってからかもしれない。
 教科書の挿絵に同じ絵が使われていたかもしれない。でも、それは覚えていない。
 だからずっと長い間、私の中では、文章から得たイメージだけで生き続けていたお話。
 学校の授業で習ってからずっと、強く心に残っていたお話。
 このお話で馬頭琴を知って、モンゴルという国があることを知った。
 息子が幼児の頃、一緒に遊びに行っていた北海道の標茶町で、馬頭琴とムックリの野外コンサートがあった。息子は、「これって、コンサート?」って、なにやら喜んでいた。
 その時も私はこのお話を思い出していた。
 きっと、多くの人が私と同じように、このお話を強く記憶にとどめているだろう。
 そんな力を持ったお話を届けてくださり、ありがとうございました。

関連記事

第9回 山形落語まつり(山形落語愛好協会定例寄席)

走風亭 満月(そうふうてい まんげつ)     「風呂敷」
笑風亭 佐と吉(しょうふうてい さときち)   「ざる屋」
山彦亭 虎之輔(やまびこてい とらのすけ)   「六尺棒」
宝笑亭 卯さ銀(ほうしょうてい うさぎん)   「転宅」
石々亭 註馬(せきせきてい ちゅうば)      漫談
闘球亭 丘割(とうきゅうてい おかわり)    「粗忽の使者」
天空亭 魚々太郎(てんくうてい ぎょぎょたろう)「時そば」

 猛暑だわ台風くるわで客足の読めない開催でしたが、蓋を開けてみれば安定のご来客。本当にありがたいことです。

 独断と偏見による私の感想。
 満月さん演じる色気のある女性が結構好き。
 佐と吉さん、安定の面白さ。さすがだ。
 虎之輔さん、いろいろと意表を突いてて…(^^;)
 卯さ銀さん、かわいさとコミカルさがきまってる。
 註馬さん、お客さんを味方につけること天才的。
 丘割くん、成長っぷり目覚ましい!
 魚々太郎さん、安定のドタバタ爆笑系(^O^)

 特に丘割くん! この齢(中三だ)の男子って見掛けから何から大きく飛躍するね。日ごろから見ているはずなのに、登場した時、こんな子だったっけ?って驚いたよ。すごく高座映え(?)してた。そして、早口で流れるようにしゃべっているのだが、実に聞き取りやすい。声質?高さ? なんだろ? 不思議なほど聞き取りやすいのであった。

 さて! 次回はいよいよ第10回ですよ! しかも結成10周年でもある。二重におめでたい。がんばんべー!

「山形落語愛好協会」
関連記事

プロフィール

龍華(略称るん)

Author:龍華(略称るん)
たま~に更新します。
読み聞かせの記録、贔屓にしているもの、季節ネタなど。
詳しくは「ご挨拶」を。

いま何時?

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

りばーし!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR