FC2ブログ
   
12
:
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
19
21
22
23
25
26
27
28
29
30
   

「ピーターラビット展」に行ってきた

「ビアトリクス・ポター生誕150周年 ピーターラビット展」に行ってきました。

20161221.jpg

 昔、NHKでポターのドキュメンタリー番組があったのを見て以来ファンになり、福音館書店から出ている絵本全巻をそろえました。その他にもうちには英語版のミニ本セットがなぜかあったり、キャラクター雑貨もあったり。まだ絵本の活動をする前、独身の頃から大好きでした。

 似たような、動物を擬人化した絵本は世に沢山ありますが、ポターの絵だけが本物の動物の骨格に沿った姿をしているのです。ポターの自然に対する優れた観察眼と、卓越した絵の技術は素晴らしいです。お話もピリッとした辛さを含んでいて、少し大きい子から大人まで受けるかも。

 この展覧会では、たくさんの原画を見ることができ、今まで知らなかったポターの家族の逸話なども紹介されています。お父様も弟さんも、絵の才能がおありだったのだな。

potter2016.jpg
左の缶ふたつはお菓子が入っています。
真ん中上のは前売り券限定グッズの絵皿。
右上のは小さいサイズの2ポケットのクリアファイル。
右下のが絵本の装丁を活かした図録。
下に敷いているのはルートートの製品です。

「ビアトリクス・ポター生誕150周年 ピーターラビット展」
関連記事

フィンランドのお菓子(3)

 実は今月の初めに友人からフィンランドのお菓子を頂きました。

fin_miyage_2.jpg

 上の黒いパッケージのは、チョコレートコーティングのウエハースで、ウエハースの間のクリームがラクリッツでした。食べられなくはないけど、私はラクリッツよりもサルミアッキのほうが好きという稀な日本人なので、サルミアッキが入ってるほうがおいしかったかも?などと思ってしまいました。(^^ゞ というか、やはりラクリッツが苦手なのかも。

 その下のきれいな風景のパッケージのはサクランボソースの入ったホワイトチョコで、これは美味しかったです。ただ、ひとかけが大きいので、一度に口に入れると甘すぎるから半分にかじるのがいいかも。

 一番下の袋のは、前にも食べたことがあって大好きな飴です。ハッカ飴の中にチョコレートが入っています。これはとても美味しいです。
関連記事

「Vehicle Of Spirit」



 16日に届いたのにまだタンペレ編だけしか観られてないんですけど…。どんだけ時間がないんじゃい。

 すごいですよ~。なにも文句のつけようがありません。
「The Greatest Show On Earth」の全編は圧巻です。Floorは女神です。私はあの青い衣装(六本木のやつね)は、“ユニバース”=“世界”=“地球”のイメージだと勝手に思っているんですが、「We are a universe」ならぬ「She is the universe」です。ラストは涙出てきたわ。
「The Islander」と「Sleeping Sun」も、キャットウォークの先で観客に囲まれてバラードを歌う様子が宗教画になっちゃってるけど。
 前のライブ盤「Showtime, Storytime」と同じ売れっ子の Ville Lipiäinen監督だけど、前よりも観客のアップが減って、メンバーの顔や手元のアップは増えています。これ嬉しいですよね。Nightwish史上最大のセットや、シンクロするパイロと花火も的確に映っていて、満足。(*^-^*)
 最重要な演奏の音も、いいんじゃないですか? なんでこっちのCDを作らなかったんだろう。ウェンブリーよりこっちのほうがいい気がするんだけど。(^^ゞまあ、まだウェンブリーを観てないんですけどね。

 とりあえずここまで。後で追記します。

「Nightwish The Official Website」
「Nightwish Facebook」



 ん~、やっぱタンペレのほうがいい。ウェンブリーも、いいんだけど…、今一なんだよなあ。いろいろと。

 そしてね、昨夜気付いたんですけど、DVDだと3枚目の「Extras」のやつね、13分ちょっとのドキュメンタリー映像が隠されてますよ。
 メニュー画面で★を探してください。それが入り口です。(^_-)-☆
関連記事

Dark Sarah と King Company

darksarah.jpg
Dark Sarah「The Puzzle」

 Raskasta Joulua の発起人かつプロデューサーかつギタリストの Erkka Korhonen が参加している「Dark Sarah」
 ボーカルの Heidi Parviainen(元 Amberian Dawn)のプロジェクトです。
 前作はあまり好きになれなかったから買わなかったけど、今作は気に入ったので購入。
 アルバム全体で一つのお話になっていて、そのストーリーにそって歌が進んでいきます。ホームページにはストーリー・ブックが用意されています。

「Little Men」


「Dance With The Dragon」
 Raskasta Joulua でお馴染みの JP Leppäluoto(Charon, Harmaja)がドラゴン役で参加。かっこいい…。(*^-^*)


「Aquarium」
 Delain の Charlotte Wessels がマーメイド役で参加。独特の力強い歌声を聴けます。


「Dark Sarah Official」
「Story Book」
「Dark Sarah Official Facebook」

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

kingcompany.jpg
King Company「One For The Road」

 こちらも Raskasta Joulua に参加のドラムの Mirka Rantanen(元Thunderstone 他)が中心になった、ボーカルの Pasi Rantanen(Thunderstone)もいるバンドです。
 今年結成したばかりだそうですがベテランぞろいのバンドだそうで、日本盤も出ているしFacebookに日本語ファンページもあります。
 試聴したらこちらも気に入ったので購入。

「In Wheels of No Return」


「No Man's Land」


「King Company Official」
「King Company JP Facebook」
関連記事

Raskasta Joulua 2015 のライブビデオ

 昨年のツアーの中で全員出演日だったエスポーでの公演はフィンランド国内でストリーム配信されたのですが、その時の録画をクリスマスまでの間に順次公開していくそうです。第1弾として昨日、Marcoの「Varpunen jouluaamuna」がUPしました。

 こちらの「ruutu」と「Radio Rock」とで見られます。これから徐々に増えていくものと思われます。

 去年、ストリームを見たいのに見られなかったから、公開を首を長くして待っていました。(^-^)

「Raskasta Joulua Facebook」
関連記事

プロフィール

龍華(略称るん)

Author:龍華(略称るん)
たま~に更新します。
読み聞かせの記録、贔屓にしているもの、季節ネタなど。
詳しくは「ご挨拶」を。

いま何時?

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

りばーし!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR