FC2ブログ
   
01
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
15
16
17
18
20
21
22
24
25
26
27
28
30
31
   

「うさぎ島 会いに行けるしあわせ動物」

usagizima_1.jpg     usagizima_2.jpg
「うさぎ島 会いに行けるしあわせ動物」福田 幸広:著・写真(日経ナショナルジオグラフィック社)

 中身を見たら、この島に行きたくなります。だからまず初めに、島でのルールを知っておかなければなりません。
「うさぎからみんなへおねがい」(「休暇村 大久野島」のサイト)
 ペットのうさぎであっても、うさぎは抱っこされるのがとても嫌いなのだそうです。野良ならばなおさらでしょう。それに、骨折しやすいし。他にも、食べ物を与えることとか、持ち込みやら連れ去りやら…。
 この本にも巻末にルールが記されていますが、年間10万人以上が訪れるというのは多すぎでは? 人数が増えればルールが守られないケースも増えるわけで…。
 観光資源としての位置づけも理解できますが、うさぎたちの楽園が、多すぎる観光客によって脅かされないことを願います。

 逆の見方をすれば、この写真集は、現地へ行かなくてもモフモフの幸福感を味わえる本です。(*^-^*)
 うさぎのもふもふを感じられるかわいい写真が、これでもかと言わんばかりに満載されています。(*^-^*)
 あ~、天国だ~。(*^-^*)(*^-^*)(*^-^*)

 この写真集は、うさぎのかわいさを味わうための本です。だから十分に満喫いたします。
 一方、この広島県の大久野島という所は、戦時中に毒ガス兵器を製造していた所でもあり、遺構や資料館もあるそうです。第二次大戦中は地図に載っていなかったとか。
 そういった歴史や周辺のことを含めた本も、これよりも大判でページ数も多い写真集として、同じナショジオから今年出版が予定されているそうですので、そちらもあわせて読んでみたいと思います。

 Nightwishの「The Eyes Of Sharbat Gula」で改めて注目した「ナショナル ジオグラフィック」ですが、他の方面からのアプローチもあったので、昨年から1年間の定期購読をしています。この本についても、封入されていた広告で発売前から知っていたのですが、迷った末に購入は見送っていました。ところが、別件で書店の棚を見ていたら、置いてあったのでした。中を見たら、どのページもかわいいモフモフ写真で満たされていて、即購入となってしまいました。うさぎ、いいよね、うさぎ。「ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち」(リチャード・アダムス:著 神宮 輝夫:訳 評論社)にもはまったわ。

 話はそれるけど、「もふもふ」という言葉はいつごろ登場したのでしょう? 元々は、「ふわふわ」とか「もこもこ」とかを使っていましたよね? それが合体して「もふもふ」? さらに進化(?)して「モフる」などと動詞になったりもしていますよね。
 かつて、名詞の「バトル」から動詞の「バトる」が派生したことにも驚きましたが、「モフる」は擬態語からの派生なので、もっと驚きました。意味も気持ちもわかるけどね。(^O^)
関連記事

グレン・フライが亡くなった

 この喪失感は計り知れない。

It is with the heaviest of hearts that we announce the passing of our comrade, Eagles founder, Glenn Frey, in New York...

Posted by Eagles on 2016年1月18日


関連記事

Marco お誕生日おめでとう!

 本日は、Marco Hietalaの50歳の誕生日ということで、地元紙の記事になっています。ぐうぐる翻訳で和訳したり英訳したりすると、意味がなんとなくわかりますよ。

地元紙「Savon Sanomat」(地元サヴォ地方のサヴォ新聞)の記事。
 お兄ちゃんZac、NightwishのTuomas、Raskasta JouluaのErkka、それに音楽学校での先生のインタビューが載っています。
 紙の新聞の方では13日にMarcoの似顔絵付きで載ったらしい。

メタル情報サイト「Metalliluola」(メタル洞窟(^▽^;)の記事。
 経歴と今後のリリース予定。動画がいっぱい張り付けられています。Tarotのごく初期の映像って、どうしても笑いを禁じ得ない…。ごめんなさい。m(__)m

Helsingin Sanomat」(ヘルシンキ新聞)の本人インタビュー。
関連記事

ブキミ生物

 息子の絵。
 書店で見つけた、架空の生き物の描き方とかいう本を見て、描きたくなったという絵。本当に不気味だから、拡大はご注意を。

 冬期講習の時に、自分が受ける授業まで時間が空いたので、近くの書店へ行っていたらしい。だからこの用紙は、答え合わせ用紙の裏紙。(~_~;)

 ま、そのとき描きたいものをどんどん描いてくれ。

bukimiseibutsu.jpg
関連記事

プロフィール

龍華(略称るん)

Author:龍華(略称るん)
たま~に更新します。
読み聞かせの記録、贔屓にしているもの、季節ネタなど。
詳しくは「ご挨拶」を。

いま何時?

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

りばーし!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR