FC2ブログ
   
07
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
27
28
29
30
31
   

このところ休止しているわけ

 のっけからなんですが、先月末に夫の母が他界しましてね、時間的にも頭の中身的にも、全く余裕がなかったんですわ。
 私、文章を考えるのに、結構時間を要するんです。加えて年のせいか、一時にいろんなことを頭に置いておくのが危険。それをやると、一番肝心なことでポカをしてしまいます。そういうわけで、いろんな優先順位を付けた結果、こちらを休止しておりました。
 来週納骨が終われば、少しは気持ちに余裕ができるか? お盆まで駄目かな? 乞う御期待。(何を?)
関連記事

福笑亭あやめ落語

 先日、福笑亭あやめさんの落語を拝聴しに、「わくわくコラボ祭り」なる催しに行ってきました。

 演目は、「転宅」という、間抜けな泥棒のお話でした。

 やはり、あやめさんはお声がよろしい。特に“いい女”がはまります。酔っ払い親父もうまいけど。そして、語り口も動作もしっかりしているので、説得力があります。これについては、演劇をしていたから、と謙遜気味におっしゃいますが、演劇といえば、かつて山形落語愛好協会さんを率いてらした、圓丁亭日が志さんを思い出します。この方は過去形でなく、お芝居と二足の草鞋を履いてらっしゃいましたが、こういうところがしっかりしていると、特に人情話で説得力が増しますよね。

 山形のアマチュア落語家さん沢山いらっしゃいますが、皆さんそれぞれ持ち味がはっきりしていていいですね。 


「福笑い(演劇サークル)」
関連記事

第1回 山形落語愛好協会定例寄席

 今までずっと、施設などを訪問しての活動を続けてこられた山形落語愛好協会さんが、初の独自の落語会をなさいました。

 笑風亭 おすしさん  「子ほめ」
 海遊亭 くららさん   「厩火事」
 桜亭 猫いちさん   「ハングル寿限無」
 走風亭 満月さん   「夜の慣用句」  
 笑風亭 佐と吉さん  「転失気」
   (各あらすじは省きます)

 ホールでの上演はなかなかないので、不慣れな感もありましたが、沢山のお客さんに恵まれて、皆さんのびのび堂々となさっていました。(^-^)
 お客さんの評判も上々だったので、来年の第2回が益々楽しみです。

 こちら↓にお写真も交えて詳しく載っています。
「山形落語愛好協会」
「山形落語愛好協会裏blogのブログ」



 実は今回、息子ともどもスタッフしておりました。私はン十年ぶりの舞台への関わり、息子は小学生の時からたびたび絵本関係で手伝いをしていて、スタッフ仕事が大好き。今後も大きいことをやる時は手伝いに行くだろな。ここでの書き方をどうしよう?一応身内になるわけだし…。(^-^;)

 そんなわけで、久々に会館スタッフさんのお仕事を、間近に見ることができたんですが、やっぱかっこいいね! 黒足袋と雪駄も懐かしい。ちょっと異変があると、すぐに気付いて教えてくれるし。こういう方がいてくださるから、無事に公演ができるのであります。
 それにしても、いろんな規模にもよるだろうけど、今回の担当はお1人で、かつては1公演に複数の方がいらっしゃる光景を見慣れていたから、これもあらゆる分野での人員削減の影響なんだろうなあ、と認識を新たにしました。勿論全体では複数いらして、その中での当番制みたいですが。少ない人数で、転勤も頻繁にさせられちゃうと、全体をわかる人が育たなくて支障が出て、実際に上に訴えた会館もあると聞きます。現場仕事と事務仕事とは違うっつーの! 記事の趣旨とずれてしまいましたが、これも今回感じたことであったので…。
関連記事

プロフィール

龍華(略称るん)

Author:龍華(略称るん)
たま~に更新します。
読み聞かせの記録、贔屓にしているもの、季節ネタなど。
詳しくは「ご挨拶」を。

いま何時?

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

りばーし!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR