FC2ブログ
   
03
:
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
21
22
24
26
27
28
29
30
31
   

最近の「タブロウ・ゲート」

 このところ、「タブロウ・ゲート」(鈴木理華 著 月刊プリンセス掲載)が、えらいことになっております。

 本筋のシリアス展開が一区切りついた為か、作者様のギャグ志向が暴走なさっている模様。只今販売中の4月号では、扉絵からして久々のレディとレディ版‘太陽’との元気な絵で嬉しいのに、中身では、ほんとにこれ少女誌ですか?という、立ち読みには背後が気になる画面がこれでもかと言う程続いて、話の展開に笑いたくなるのに、この画面でニマニマしていたら間違いなくアブナイおばさんなので、ぐっと我慢。コミックスが出たら、家で思いっきり笑いたい! で、この異常さがまだまだ序の口で、来月号で本番を迎えるというから恐ろしい。来月号どうしましょ? 立ち読みきつそうね。カラーがあるらしいから、絵柄によっては買ってもいいけど…。そうそう、前に老婆の‘女帝’が投げKissとかで唇を飛ばした時には、かつてこの雑誌で連載されていた「イブの息子たち」(青池保子 著)の大仏さんの飛ぶ唇を思い出しましたわ。
(^◇^)

 それにしても、今回性別を交換されちゃった御二方、首から上は変化がないように見えるので、違和感がすごいんですけど。こんな中でも、‘法王’の‘女教皇’へのセリフに意味深シリアスなものが…。でも画面は全然シリアスじゃない! しかしこの‘法王’エロネズミに、こんな深い考えがあったとは、ちょっと見直しました。

 「タブロウ・ゲート」は、シリアスで重い面も結構好きです。ここまでのサツキは、ファンタジーだから現実にはない事象だらけなのはちょっと置いといて、存在を否定(虐待)されて育った子どもが、身近な人(大半は人じゃないが)達との信頼関係が深まることによって、生きる力を取り戻していく1つの理想形という受け取り方ができるし、描かれる各々の繋がりや言葉にも、結構胸を打たれました。レディが‘女帝’から、お前はいらないと言われた時、「いる!」と強く断言したサツキは感動ものでした。元気で強いレディも、その生い立ちは“いらない子”のそれなので、あの‘女帝’の言葉はかなりの衝撃だったと思うから、それを救えたサツキには、成長できたんだね~とおばさん嬉しいよ。しかし片や、少年漫画ばりのギャグもこの漫画の重要な要素で、これがなければ単に絵が綺麗なだけのつまらない作品になっていたかもよ。

 そして最近私は、サツキ版‘力’が可愛くて堪りません。‘魔術師’のような強面美女も好きですし、おきゃんなレディ版‘吊るし人’も可愛いですが、このサツキ版‘力’は、凶悪なほど可愛い! どうしたらこんな可愛い美少女が作れるんだ!? 姿かたちも性格も可愛くて、骨抜きにされてます。

 コミックスで通して読むのが、今からとても楽しみです。そしてこれからも、ギャグで爆走しながら、シリアスな本筋を突き詰めて行って頂きたいです。

「鈴木理華 公式ブログ OWL FOREST Notebook」
関連記事

「お伽もよう綾にしき ふたたび」第4巻

otogi_futatabi_4.jpg
「お伽もよう綾にしき ふたたび」第4巻 ひかわきょうこ著(白泉社)

 序盤、幼いすずのいじらしさに涙涙。新九郎の真っ直ぐな心根は気持ちがいい。おじゃる様は、すましてるくせに妙に子どもっぽいことをして笑いを誘うし、現八郎の頼りなさは可愛いいし。五郎太の顔に現八郎の目元というくだりは、何度見ても笑える。(^O^)

 ひかわ作品は、読んでいてとっても気持ちが和む。今回のラストは危機的状況で終わっているけど、全体的な印象はやはり、ほっこりほこほこ。(*^-^*)
関連記事

Tハムの配送センター(?)がなくなった

 市内にあった、某ハム会社の配送センターだか、営業所だかよく知らなかったけど、それがなくなっていた。雪の残り方からして、割と前に閉まったみたい。別の所に移ったらしい。建物はまだあるけど、看板とかがなくなっている。
 以前、工場の近くに住んでいたこともあり、こっちでも近くでお目に掛かれたから、なんとなく親近感を抱いていたのだけれど…。地味にショック…。
関連記事

2014年3月11日

 仙台の、宮城県美術館と東北大学百周年記念会館川内萩ホールとに行っておりました。
 宮城県美術館では、14時46分に館内放送で黙祷のアナウンスがあり、平日でも入館者が結構いた館内が、静寂に包まれました。

「ミュシャ展」
 宮城県美術館で3月23日まで開催されています。
 ミュシャは、華麗で特徴的な様式美を持つ美人画で大変人気がありますが、私はこの美人画群よりも「ヤロスラヴァの肖像」の方により魅力を感じるという…。美人画群にも確かにうっとり見惚れるんですけど、どこか自分のものではないという一歩離れた感覚も同時に存在する感じ。いやいや、美しい女性や花々を見ているのは楽しいですし、ミュシャ様式のデザイン的な美しさも素晴らしいです。それでもなお「ヤロスラヴァの肖像」の視線の強さ、静的な力強さにより一層惹かれるわけです。そんなですから今回、彼の祖国の為の作品群にこそ圧倒されました。私もCDで持っているスメタナの交響詩「わが祖国」からも着想を膨らませたという「スラヴ叙事詩」の連作を映像で見られますが、映像で見てもこの連作は凄まじいです。それまでの全てのキャリアがこれを描く為にあったと言っても過言でないと思います。この展覧会は、「あなたが知らない本当のミュシャ。」と謳われていますが、ミュシャが何を思い作品を生み出していたのかは、これまでほとんど知らなかったので、それを知る大変良い機会になり、それによって、今まであまり「好き」と言える程の画家でもなかったのが、好きな画家となりました。これは自分にとってなかなかの収穫でした。

「常設展」
 ミュシャ展に合わせて、所蔵のポスターが多数展示されています。ロートレックの「ディヴァン・ジャポネ」もありました。
 佐藤忠良記念館では、特集「ブロンズ彫刻と石膏原型」の展示により、佐藤忠良作品のブロンズ像と石膏原型とを並べて見比べられるという、またとない機会に恵まれ大変嬉しいことでした。特に「チコ」さんは、いつ見てもかっこいいです。
(*^-^*)

 そうそう、1Fのミュージアムショップに、「ワタノハスマイル」も置かれていましたよ。
(^-^)

「2CELLOS 東日本大震災復興支援コンサート」
 全席指定なんですけど、物販目当てで入場の列に早目に並んでおりましたら、やはりありました、数量限定サイン入りツアーパンフ。とりあえず欲しかったのはこれだけなんですけどね。他に、Tシャツやステッカー等もありました。会場に入ると、スモークが満ちていてちょっとびっくり。照明効果が上がるわけですな。序盤は2人のみでMCをはさみながら静かめの曲が演奏されましたが、Lukaさんは日本と被災地について日本語で長い挨拶をしてくれました。これをわざわざ暗記してきてくれたとは、彼らの気持ちが伝わる嬉しいことですね。ドラムが加わってからは、殆ど切れ目なくノリのいい曲が続き、手拍子で掌が痛くなりました。拳を突き上げている方が楽かも?と思ったり。LukaさんがMC担当で、Stjepanさんが身体パフォーマンス担当? 仰向けに寝転がったまま演奏する場面もありました。観客はまさに老若男女で和装の方もいらっしゃいましたから、立ってノリノリの方もいれば座ったままの方もいると。やはりライブは、DVDよりも生でその場にいる方が数段良いですな。DVDだと、まあ想像通りという感じで、なんであんなに観客が沸くのか完全には理解できませんでしたが、実際にその場にいると沸き立つ気持ちがわかりました。はい、立ちました。壁際の席でしたので、後ろを気にする必要もなかったし…。あっという間のとても楽しい時間を過ごせました。
 余談ですが、帰りの路線バスを調べて行ったのですけど、終演に合わせてホール前から仙台駅行きの臨時バスが複数台運行されました。萩ホールに行くのは初めてだったので、これが毎度のことなのかどうかは知りませんが。

 チェロ・メタルのApocalypticaもよろしくね、と言いたい。
関連記事

プロフィール

龍華(略称るん)

Author:龍華(略称るん)
たま~に更新します。
読み聞かせの記録、贔屓にしているもの、季節ネタなど。
詳しくは「ご挨拶」を。

いま何時?

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

りばーし!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR