FC2ブログ
   
02
:
2
3
4
5
6
7
8
9
11
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
   

「ホビット 竜に奪われた王国」観てきた

 まさかのキーリ クローズアップで、三角関係勃発ですよ! 女性ファンよ、喜べ。キーリ、原作だと兄貴と共に討ち死にで、しかも二言くらいで終わっちゃってる軽い扱いだけど、この様子だと、討ち死にするにしても違う経緯になりそうですな。既に兄弟そろってトーリンと離れているし。オリジナル女性キャラ登場に、初めはがっかりしてたけど、この流れはいいんでないかい? ごめんよ、レゴラス。あんたも好きだけど、わしはキーリ贔屓なのだよ。それにしてもレゴラス父の王様ときたら、見事に嫌な父親をやっていますな。見下すような下位の者が親衛隊長というのも、妙な気がしますが。
 レゴラスが、ギムリの父親グローインが持っていたギムリの絵を見て、ひどいことを言ったのが笑えた。
 麗しのガラドリエル様は、一瞬しか出ませんでした。一瞬だけでも眼福眼福。
 どの大立ち回りシーンも、とってもスピーディーでスペクタクルで、手に力が入ります。特に川流れシーンは、うわお! 対ドラゴンもドッキドキ。
 レゴラス、深追いしちゃって大丈夫なのか?
 囚われのガンダルフや如何に。
 ぎゃー!ここで「つづく」ですかぁ!? 第3部を早く観たいですよ。いきなり町襲撃シーンから始まるのか?それとも原作通りにそれは回想で描かれるのか? 原作の最終決戦は対ゴブリンですが、映画ではその程度では済みそうにないですね。
 エンディングの歌が、今回もかっこよかったです。

 第1部の時の反省で、今回は早く観に行こうと思い、初日に行って来ました。初日ですから、ネタバレは極力抑えたつもり。この程度の書き方なら、映画のストーリーは全然わからないでしょ?原作はまあ昔っからあるものですから、そこそこ出してもいいんでないか、と。
 約2時間40分の時間が、全く気にならず、まだまだ観続けられるという感じでした。ピーター・ジャクソン、やはりあなたは偉い人だ。
関連記事

お題「馬」

 旅好きの人達によるコピー誌の会に、少し前から入れてもらっているのだが、毎回「お題」があり、今回のは「馬」だった。いつもは文章を書いているのだけど、「馬」で書くことを思いつかなかったので、絵を描くことにした。

odai_uma.jpg

 思いのほか、妙~なことに…。こういうつもりじゃなかったんだけど、思い付きの勢いで描いていったらこうなった。もう、何かをどうにか直す気力もないし…。
関連記事

Jenni Vartiainen

 トゥオマス・ホロパイネンの、2/7に発売されたソロシングルで歌っているヨハンナ・クルケラは、イスケルマ(Iskelmä)の歌手ですが、イスケルマと言えばこの方、イェンニ・ヴァルティアイネン。

 フィンランドのイスケルマという歌のジャンルは、日本の演歌や歌謡曲にあたるらしいです。歌詞はフィン語で、曲はラップもあるし、色々なのがあります。イェンニは、iTunesだとPopに分類されています。実はフィンランドでは、メタルよりもロックよりも、このジャンルの音楽がダントツ人気なのだそうです。ロックバンド、ネガティブのヨンネ・アーロンも、ソロ活動はこのジャンルで、イスケルマ対象の音楽賞Iskelmä Gaalaで受賞しています。

 で、このイェンニさんですが、とにかく歌声に色気があって美人で、素晴らしいです。
 1983年生まれでクオピオ出身。そして、マルコ・ヒエタラと同じ音楽高校の出らしい。2002年にGimmel(ギンメル)というアイドルグループみたいなのの一員としてデビュー。このグループ、結構人気あったみたいで、フィンランドの音楽賞Emma Gaalaで受賞しているし、映像がYoutubeにいろいろ上がっています。フェスで、お父さんに肩車をされた小さな女の子達がいたりして、なんか微笑ましい。「イェンニちゃ~ん」(フィン語で)とかって声援を送っていたんでしょうか?
 Gimmel解散後、2007年にソロデビューしました。
 こちらは、そのデビューアルバムから、ゴールドディスクになったりEmma Gaalaで受賞した
「Ihmisten edessä」(アルバムタイトル同じ)
ihmistenedessa.jpg


 2010年リリースで、Emma GaalaとIskelmä Gaalaとで受賞したアルバム
seili.jpg「Seili」からの
「En haluu kuolla tänä yönä」


と、「Missä muruseni on」


 そして昨年発売され、先月末に発表されたIskelmä Gaalaでまた受賞したアルバム
terra.jpg「Terra」から
「Junat ja naiset」


と、「Selvästi päihtynyt」 10代の頃、フィギュアスケートを習っていたそうです。(時期的に張ってみました)


 あの元ハノイ・ロックスのマイケル・モンローにも可愛がられているらしく、彼の50歳おめでとうライブで、先程の「Missä muruseni on」をデュエットしていました。(「Mz ☆ Hiroのモイモイ フィン・ロック通信」のHiroさん、情報ありがとうございます。)
 なんとバックで、3cellosメタルバンドのApocalyptica(アポカルプティカと言いたい)が演奏しています。


「Jenni Vartiainen Official Facebook」
関連記事

転ばないよう注意

 ちょっと、怪我してました。
 1週間ほど前、家の中でつまずき、記憶にある限りあんな派手な転び方は他にないというほどの勢いで転び、瓶缶類が置いてある所に顔がぶち当たりました。後で腕が筋肉痛になったから、多分手もついたんだと思う。それでも止まらなかったらしい。
 痛ーーーっ!!!と思ったら、鼻血が、だーーー…。
 うわー、中2の時にテニスラケットが鼻に当たった時以来の出血だよ。止まらんよ、まいったな…。
 取り敢えず、血を手で受けとめながら歩いて行って大量のティッシュを取って、乗車拒否されたらどうしよう?と思いつつタクシー屋さんに電話して、耳鼻科まで連れて行ってくれるか頼んだら即OKで、床の血だまりをそのままにしておいたら、何も知らずに帰宅した家族が驚いて“事件”にしちゃったら困るし、気付かずに踏んで歩かれても困るから、一応ザザッと拭いて、まっかっかの両手を洗ってエプロンもそのままに、ティッシュBOXとゴミ用の袋を持って外へ出たら、間もなく救いのタクシーさんが到着してくださいました。丁度ご近所まで来ていたようで、早かった。
 鼻の骨が少し折れてた…。中2の時は、当たり所がもう少し上だったから免れていたのに。腫れが引いても鼻が曲がっていたら、骨がくっ付いちゃわない内に、直すことに…。それって怪我そのものより痛いって聞いたことがあるんですけど…。でも最近は麻酔を使うから大丈夫と聞いて、ほっ。
 1週間後にまた受診することになっていたんだけど、それより前に、止血用に鼻腔に入れておいたガーゼが、喉に落ちてきて飲み込んじゃった! 受診したら、鼻腔の傷はまだ出血してるし、ガーゼを入れ直してもまた飲み込んじゃう可能性もあるから、ちょっと狭い所なので機械が入るかどうかわからないけど、レーザーで焼いてみましょ、ということに。広い所だったら、即焼いてOKとなるんだそうだ。そして…、すごいぞ先生!見事に出血が止まりました。
 それから3日、予定通りの再受診の日、午後受診する気で昼前に雪かきした後電話してたら、また、たらっと。おう~。でも幸いすぐに止まりました。
 結果、腫れが引いてきたら鼻曲りも改善されたので、このまま静かに過ごすことになりました。ガーゼを飲み込んだお腹の方も、問題なかったし。(^^ゞ
 皆様も、怪我にはご注意くださいませ。お~怖。
関連記事

プロフィール

龍華(略称るん)

Author:龍華(略称るん)
たま~に更新します。
読み聞かせの記録、贔屓にしているもの、季節ネタなど。
詳しくは「ご挨拶」を。

いま何時?

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

りばーし!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR