FC2ブログ
   
08
:
2
3
4
7
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
22
23
24
25
27
28
30
31
   

図書館当番(10)

 日中はセミの声がまだ盛りですが、暗くなるとコオロギの声が聞こえます。日中も耳を澄ますとセミに交じって鳴いています。初めの歌は「虫のこえ」(文部省唱歌)にしました。

tiisananeko.jpg
「ちいさなねこ」石井桃子 作 横内襄 絵(福音館書店)
 今年度の子達は落ち着きがある子が多いということで、この本を読んでみました。みんなとてもよく見ていました。大人にとっては単純な話が、子どもにとってはとても興味深いものであったりします。

こぐまちゃんのみずあそび
「こぐまちゃんのみずあそび」わかやまけん作(こぐま社)
 これもよく見ていました。最後の、シャワーの水が洗面器に当たって出る音を、楽しんでいる子もいました。

だるまさんが
大形絵本「だるまさんが」かがくいひろし作(ブロンズ新社)
 だるまさんが色々なことをするので、毎回笑いました。

遊びは、
「ふねのせんどうさん のせとくれ あー ぎことんぎことん きょうはあらなみ のせられぬ あー ぎことんぎことん」最後に「ぎーーーっちらこ」
 座った保護者の足の上に向かい合ってお子さんが座って、舟こぎ遊び。お母さん方も覚えている方が多くて、一緒に唄いながらやりました。最後の「ぎーーーっちらこ」がみんな大好きです。

「うえから したから おおかぜこい こいこいこい ふーーーーっ」
 先月と同じく、シフォンのスカーフを配りながらして、みんなに渡ったら、それぞれ自分で唄に合わせてひらひら。大きい布をタープのように使うやり方もしました。これがとても楽しいようです。

「ももや ももや ながれははやい せんたくすれば きものがぬれる ぁどっこいしょ」
 先程のシフォンのスカーフを使って洗濯遊び。最後に乾いたスカーフをきちんとたたんで回収です。
  
「きりす ちょん こどもにとられて あほらし ちょん」
 小さい子たちなので、その場に立ったまま「ちょん」でジャンプ。大きくなれば、歩きながらもできます。
関連記事

フィンランドのお菓子

 知人が、フィンランド土産をおすそ分けしてくれた。

fin_miyage.jpg
左側、上から、Marianne、Lakritsi、Lakumatto
そして右側のが、かの有名な(?)Salmiakki

 Marianneは、ハッカ飴の中にチョコレートが入っていて、普通に美味しい。(*^-^*)

 Lakumattoはまだ試してないけど、Lakritsi(ラクリッツ)は、アニスの香りがする硬めの蒸し羊羹、という感じ。アニスの香りと言うのは、去年試したトルコの蒸留酒ラクの香りとよく似ているから。ラクはアニスで香りがつけられている。この香り、最初は駄目だったけど、だんだん慣れた。問題は、硬めの蒸し羊羹みたいなところ。私は蒸し羊羹が嫌いなのだ。練り羊羹と水羊羹は好きなんだけどね~。だからこれは、食べられなくはないけど喜んでは食べない、という感想。

 そしてSalmiakki(サルミアッキ)! 俗に「世界一不味い飴」とか言われている。躊躇しているとどんどん手を出しにくくなりそうなので、勢いで口へ放り込んだ。…あれ?大丈夫だよ、これ。感触はグミみたい。香りはラクリッツと同じ香りがして、そもそもこれが駄目だと駄目だろうけど、私は幸い(?)ラクで慣れていたから問題ない。味は、ほんのり甘みもあるけど、主流は苦じょっぱい。塩化アンモニウム(アンモニアじゃないよ!)が入っているというから、しょっぱいんだろなと予想していたけど、その通り。苦いのは苦手だけど、ゴーヤやアケビの皮(山形の郷土食だが私は無理)に比べたらかわいいもんだ。アニスの香りのする塩気のきつい梅干し、と思えば違和感がないような…あるような…。とにかく、私はこれ、結構気に入った。銘柄(?)によって味のきつさがいろいろあって、これは軽いやつだそうだけど、少なくともこれに限っては、売っているのを見つけたら自分でも買いそうだ。
関連記事

「ローン・レンジャー」観てきた

 本国で興行成績があまりふるっていないってことだけど、なるほど、これは白人には好かれないだろね。ジョニー・デップは「ブレイブ」を監督・主演した人だから、その人がやるからには爽快痛快なだけで終わる筈がない。もちろん、爽快も痛快も笑いもあるよ。クライマックスの列車のところなんてかなりすごい。でも、老いたトントの現状を最初に出したところから、表面のストーリーの裏に、重いものがずっと引きずられている。それを感じながら観ていることになる。
 痛快なまま迎えるエンドロールは、実はフェイク。その後に現れる真のエンディングの、彼の後ろ姿を最後まで観続けてほしい。てか、わかる人だけわかればいいよ、って言われてる気もするけど。
関連記事

遠野&三沢

 先日ルバーブジャムの事だけちょこっと書きましたが、こんな所へ行っていたのでした。

早池峯神社
hayachinezinja_1.jpg 岩手県遠野市附馬牛町の早池峯神社。花巻市大迫町のではありません。大迫の方が立派で有名だけど、私がお参りするのはこちらです。(^-^)

hayachinezinja_2.jpg よろしくお願いします。

hayachinezinja_3.jpg 案内図です。

hayachinezinja_4.jpg 参道です。

hayachinezinja_5.jpg 神門を振り返ったところ。茅葺がいいよね~。

hayachinezinja_6.jpg 葺き替え中の黒門です。

hayachinezinja_7.jpg 境内で真っ盛りだった山百合。
 お隣の旧大出小中学校の校舎を使った、遠野早池峰ふるさと学校では座敷童の目撃例があり、昔うちの人達も見ていたのでした。私は全然です。(^^ゞ 入館無料で産直品の販売もあり、山ぶどうジャムを買いました。

神社へ行く途中にある橋
tono_hashi.jpg これを渡って行くわけではありません。昔NHK朝ドラのロケに使われましたね。その時は、近くのバス停があらぬ所に移動していましたけど。まあ、演出効果というやつで。

神社へ行く途中にある蓮畑
tono_hasu.jpg とにかく桃色系の花が好きなので、見つけるとつい撮ってしまいます。ここ何年かで各地に蓮畑が増えましたよね。うちの地元にもでかい畑があちらこちらにあり、嬉しい…。(*^-^*)

六角牛山
rokkousisan.jpg 遠野ユースホステル前から。早池峯山は、残念ながら雲があって、いい写真が撮れませんでした。遠野へは以前よく行っていたんですけど、今回は随分と久々でした。

盛岡付近で巨大スイカ出現!
gas_suika.jpg 新潟県に、にこちゃん顔のガスタンクがありますけど、こういうアート(?)結構好きです。但しあのにこちゃんは、夜見ると怖いです。(^^;) これは夜でも大丈夫だろな。

岩手山
iwatesan.jpg ちょっと雲が残念ですが。

青森県立三沢航空科学館
koukuukagakukan_1.jpg ものすごく充実の展示内容です。遊びながら科学を学べる装置も、た~っくさん! レストランは別棟だから、食事のタイミングに気を付けて入館してね。(半券があれば再入場可だそうです。)

koukuukagakukan_3.jpg   koukuukagakukan_2.jpg
 たまにお隣での、民間航空機や自衛隊機の離発着も見られたりする。

カワヨグリーン牧場
kawayo_hituzi.jpg   kawayo_yagi.jpg   kawayo_uma.jpg
 羊さんと山羊さんとお馬さん
 ユースホステルの夕食は、なんとお隣のレストランでとります。うわお! この日のメニューは、ビシソワーズに魚介のメインディッシュにサラダにデザート、あとご飯ね。(*^o^*) ユースでとる朝食も、ルバーブジャムとかガーリックトーストとか、場内の栗の実を炒ったまるで甘栗みたいな栗とか、ホモゲナイズしていない沸かした牛乳とか、牧場ならではの食事で、とても美味しかったです。牧場内という環境がとてもいいです。
関連記事

落語勉強会見学(3)

 久々に、山形落語愛好協会さんの勉強会を見学してきました。
 いつもながらに、お互いの向上意識が伝わってくるよい勉強会です。
 今回少し触れられた発声と滑舌に関することは、読み聞かせや素語りにも通じることなので、私も勉強になりました。実は少し前にうちの方のボランティア関係で、発声について講師を呼んでの勉強会をしたいという話が出て、あなたがしてもいいんじゃないか、と言われたのですが、私の知っている発声練習は高校演劇のものなので、筋トレが前提なんです。年配の方には向かないと思うので、専門の方を呼んでくださいとお返事しました。しかし以前、声の通らない方に軽い練習法をお伝えしていた時に、そういう方は口の形もはっきりさせていないということに気付いていましたので、今回の口の形と滑舌との関係についてのお話は、大変納得のいくものでした。

 お噺の方では、同じ噺でもやる方の個性によって、大きく印象が変わることに驚いたというか、爆笑したというか…。あの「午後の保健室」、誰だよお前、と思って聞いていると中学生だからOKなのであって、本当におやじやじーさんだったらアウトですわな。嫌だよ、それ。(^^;)
 「暴れ牛奇譚」は、このままだとこの展開に年配者は付いて行けない方がいらっしゃるだろな、と普段接している70代の方たちを思い浮かべました。今回少し抜けている部分があったということでしたが、完全版だともう少し説明が入るんだろか。
 いずれにせよ、次のうさぎ座が楽しみです。(^-^)

「山形落語愛好協会」
関連記事

汎用ヘリ

「ドアガンを載せてみたくて作った。イロコイをベースに、ホーカムとアパッチの要素が追加された、ブラックホークかハインドのような機体。ハードポイントが4つある。」とのこと。

hanyouheri_1.jpg   hanyouheri_2.jpg

関連記事

ルバーブジャム初賞味

 青森県の青い森鉄道向山駅近くの「カワヨグリーン牧場」にあるユースホステルに泊まったら、朝食にルバーブジャムが出ました。
 フィンランドでは、使い切れないほど勝手に生えてくるというルバーブ。こちらでは、場内の畑で栽培されたものを使って、ジャムにしたんだそうです。

 味は、甘みと酸味とのバランスがよくて、とても美味しかったです。(*^-^*) 見かけは繊維質が残っている感じで、気になるかなと、ちょっと恐る恐る口にしましたが、舌にさわるものは全然なく、ペーストのようになめらかでした。
関連記事

舘野泉&ラ・テンペスタ室内管弦楽団

 11月4日に山形テルサで開催される、左手のピアニスト舘野泉さんと、フィンランドのラ・テンペスタ室内管弦楽団とのコンサートです。

「舘野泉 左手の音楽祭 2012-2013」
 ~77歳のピアノ協奏曲~

日時  11月4日(月・振休) 15:30開場 16:00開演
場所  山形テルサホール (℡ 023-646-6677)
全席指定 S席 6,000円(当日6,500円) 
       A席 5,000円(当日5,500円)
       B席 4,000円(当日4,500円)
チケット発売中

 山形テルサには、スタインウェイピアノがあります。JR山形駅の西に隣接した素敵なホールで、県外からも来やすいんじゃないかな? なぜか舞台裏も知っていたりする。

 私が大好きでイ・ムジチ合奏団のCDを持っている、ヴィヴァルディの「四季」も演目に入っています。楽しみだ~。

 詳しくは、
「NPO法人Mプロジェクト内特設サイト」
「山形テルサ」

関連記事

プロフィール

龍華(略称るん)

Author:龍華(略称るん)
たま~に更新します。
読み聞かせの記録、贔屓にしているもの、季節ネタなど。
詳しくは「ご挨拶」を。

いま何時?

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

りばーし!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR