FC2ブログ
   
06
:
1
4
5
6
7
8
11
14
15
16
17
19
22
24
26
27
28
29
30
   

保育園年少児(3)


doronkoharii.jpg
「どろんこハリー」ジーン・ジオン文 マーガレット・ブロイ・グレアム絵 わたなべしげお訳(福音館書店)
 今回も、初めからみんな楽しく熱心に見ていたのに、ハリーが家族から気づいてもらえないところでは、なんとなく顔をそむけたり、動き出したり、体ごと向きを変えてしまったりする子が多数いました。でも、ハリーがブラシを掘り出すと、またみんなわくわくした様子で熱心に見始め、あとは最後までとても楽しい様子でした。動きを見ていると、気持ちが手に取るようにわかる年齢の子ども達。年中さんになると、ここまでストレートじゃなくなるんですよね。

わにわにのおふろ
「わにわにのおふろ」小風さち文 山口マオ絵(福音館書店)
 こちらも楽しい作品です。わにわにが次に何をするか、興味津々でした。

くらいくらい
「くらいくらい」はせがわせつこ文 やぎゅうげんいちろう絵(福音館書店)
 次々に現れる登場人物(?)のシルエットを見て、「犬だ」「猫だ」と当てっこをしながら楽しんでいました。

 遊びは、
「ぽっつん ぽつぽつ あめがふる(ここまでをもう一回繰り返し)ざーーーーーっと あめがふる」
 唱えながら人差し指で掌をとんとんと叩いて、「ざーーー」で掌をごしょごしょ、「と」で人差し指を上げて、また2回とんとんして終わり。初め自分の手でやって、何回か繰り返した後、私達(2人)が一人一人回ってやりました。「ざーーー」でケラケラ。覚えて帰っておうちの人にしてあげてね、と言っておさらいしました。

「グーチョキパー」(フランス民謡「フレール・ジャック」 斉藤二三子 作詞)
 最初に「かえるのうた」(ドイツ民謡 岡本敏明 作詞)を歌ったので、雨が降ると喜ぶ生き物は他に何がいる?と尋ねたのですが、なかなかでんでんむしが出なかったので、1回だけやりました。歌詞ではカタツムリですが、でんでんむしとも言うって、ちゃんと言う子がいたのでした。

「でんでんむしでむし でな かま ぶちわろう」
 自分の手でぐるぐるを描いて、最後にパチンとしました。本物のでんでんむしにはパチンとしないで優しくしてね。

「きーりす ちょん こどもにとられて あほらし ちょん」
 跳ねる虫の唄。その場に立って、「ちょん」で跳ねました。このくらいの子って、これだけでも結構楽しいのよね。
関連記事

図書館当番(8)

 今年度初の図書館当番。ところが私は、5月末からの咳がまだ治らない。初めにお医者へ行ったら咽頭炎とかで薬が出たんだけど、薬を飲む前と飲み出してからと飲み終わってからとで何も変わらなかったので、その後行っていない。だんだん軽くなっているんだけど、ある程度で停滞している。前回の幼稚園訪問も、のど飴を口に仕込んでマスクをして、という冷や汗ものの状態だった。今回は1人でなく2人で担当だったので、相手の方におんぶにだっこ。その方は、元幼稚園教諭で現在非常勤の保育士さんだから、頼れてしまうのであった。ありがとうございました。
 前に人から、1人でやる方がいいか?ということを聞かれたけれど、こういう時は断然複数がいい。あと、複数の方が、色々と偏りが出るのを防げるし、読み手の読み方とか子どもの様子なんかにも目配りがきくから、そういう利点は大きいと思う。そりゃ1人の方が自由がきくとも言えるけれど、一長一短だいね。内容的にどちらが良いものを提供できるかを考えたら、やはり複数の方ではないか?

 さて、記録です。

zoukunnosanpo.jpg
「ぞうくんのさんぽ」なかのひろたか作・絵 なかのまさたかレタリング(福音館書店)
 非常によく見ます。大形絵本もありますが、今回は普通サイズの方を使いました。小さい子が4人でしたから丁度良かったです。1才10ヵ月から3才までの子達でしたが、とにかくよく見ていました。

haketayohaketayo.jpg
「はけたよ はけたよ」かんざわとしこ文 にしまきかやこ絵(偕成社)
 1才児さんは楽しそうに歩き回ってしまいましたが、他の子達はよく見ていました。1才児さんも言葉じりを捉えて言ったりして、耳はちゃんとこちらを向いていたようです。

 遊び
「でんでんむしでむし でな かま ぶちわろう」
 初めに保護者が子どもの掌にぐるぐるを描いてパチンをして遊び、次はもう一方の掌、その次は足の裏、お腹、背中、お尻と、くすぐり遊びをしました。その後、歌に合わせてトンネルくぐりをしました。(「とおりゃんせ」みたいに、唄の終わりでトンネルを下ろしてつかまえる。)

「おてらのおしょうさんが かぼちゃのたねをまきました めがでてふくらんで はながさいて かれちゃって にんぽうつかってそらとんで ぐるっとまわって じゃんけんぽん」
 実はこの唄、演者も私も自分が子どもの頃にやっていたものとは違います。本で調べてもいろいろあります。なにしろ私が小学生だった期間だけでも、低学年の時と高学年の時とでもう違っていましたから、年代と地域とでかなりの違いがあると思われます。今回は、演者が調べていらした唄でしました。
 ちなみに私が子どもの頃実際にやっていたのは「お寺の和尚さんが花の種を蒔きました 芽が出て膨らんで花が咲いてじゃんけんぽん」後に「…花が咲いて実がなってじゃんけんぽん」

「いっぽんばし こちょこちょ たたいてつねって かいだんのぼって こちょこちょ」
 くすぐり遊び。これもまた、いろんなバリエーションがありますよね。橋の本数を増やしながら、何度も唄って両手両足でやりました。子どもはくすぐり遊びが大好きですね。

「さかながはねてピョン」(中川ひろたか作)
 手遊び歌です。ぼうし、めがね、マスク、腹巻、パンツなどをしました。

「さくらんぼ」(登坂鹿立 作)
 幼稚園保育園での今の時期定番の手遊びだそうですが、保護者も図書館職員も私も、誰も知りませんでした。(^^;)
関連記事

本日の収穫

 むしむし苦手な方はご注意。
 なんのことはない、ヤゴの抜け殻。
 でも結構エイリアンなので。
  ↓
  ↓
  ↓

yago.jpg

 大丈夫な方はクリックして大きいサイズを、どぞ。後ピンだけど。

 地域でやっている小学校の下校パトロールに行って、田んぼの方まで足を延ばしたらありました。
 久しぶりだなあ。息子が小学生の頃は、よく持ち帰っていたけど。
 今までの経験上、オニヤンマです。

 実家の方では成虫すら見られません。こういうのを見ると、良い所に住んでいるとつくづく思います。(^-^)
関連記事

A2Z,LazyBonez

 マルコがナイトウィッシュへ行っている間タロットはお休みだけど、お兄ちゃんZacと、ドラムのペク、キーボードのヤンネ、ボーカルとサンプラーのトンミとがそれぞれよその人達と組んでアルバムを出した。マルコは両方に客演し、ヤンネもZacの方に客演&マスタリング。日本じゃ売らないのでフィンランド便だよ~。

a2zlazybonez.jpg

 写真左、ペク、ヤンネ、トンミのは、6人組のLazyBonezというバンドで「Vol.1」というのを3月に発売。
 えらく聴き易いぞ。タロットのアクの強さはヒエタラ・ブラザーズの仕業だったんだな。(そりゃそーだ)
 トンミは貫禄では及ばないけど、タロットでマルコと遜色なく歌っている人だから、聴きごたえある。3曲目ではどうしてもマルコの声に集中してしまうけど。トンミごめん。

 4曲目の「Frozen Love」


詳しくは「LazyBonez公式サイト」


 写真右は今月発売されたお兄ちゃんZacの4人組A2Zの「Parasites Of Paradise」で、インストゥルメンタル。マルコはアコースティックギターで計3曲に参加。ちょっとだけど、これが美しい。
 なぜに各曲名がこうなのか? 初っ端から「Cockroach」って…。曲自体はとてもいいと思うので、曲名は忘れることにした。カバーアートはメカニカルなのでまあいいけど。
 なぜか3曲目にタロットのインスト「De Mortui Nil Nisi Bene」が潜んでいる。

 8曲目の「Praying Mantis」この程度の名前なら大丈夫だよね。


詳しくは「A2Z公式Facebook」
関連記事

MiG-21 fishbed(レゴ)

lego_13.jpg    lego_14.jpg

本人コメント
「旧ソ連陣営で大ヒットした小型戦闘機。F-16を作ろうとしたのになぜかこれに…。ついでに“エー〇コンバット”での愛機。」だってさ。
 私らの世代でミグと言えば、ミグ25の亡命騒ぎだいね。
関連記事

幼稚園年中児(3)

doronkoharii.jpg
「どろんこハリー」ジーン・ジオン文 マーガレット・ブロイ・グレアム絵 わたなべしげお訳(福音館書店)
 持っていると言う子多数。あら嬉しい。じゃあ今日はみんなで見ようね。お話の進行に合わせていろいろ言いながら見ていました。

gyukkorodorodango.jpg
「ぎゅっころ どろだんご」(月刊誌 学研かんきょうかがくえほん '02.5月号)
 殆どみんな、泥団子を作ったことがありました。でも光るのは、なし。だからそれはもう真剣に見ていました。

bousikorokoro.jpg
「ぼうし ころころ」長谷川摂子 文 田宮俊和 構成(福音館書店)
 「魔法みたいな本」と命名。私が。とにかくどこへ持って行っても、子ども達の引き込み方がすごいです。今回、見つけたことや思いついたことを、結構言いながら見ていたんですが、時計台が崩れる「ぐらり」という場面では、しー・・・ん、となりました。すごい!見入っているよ!そして終盤に差し掛かると、「面白い」と言う声。同じ本を持って別のクラスに入った人も、やはり今回もよく聴いたと言っていました。

遊びは、
「ぽっつん ぽつぽつ あめがふる(ここまでをもう一回繰り返し)ざーーーーーっと あめがふる」
 人差し指で掌をとんとんと叩いて、「ざーーー」で掌をごしょごしょ、「と」で人差し指を上げて、また2回とんとんして終わり。覚えて帰っておうちの人にしてあげてね、と言ったら、くすぐりたくてみんな真剣にやっていました。

 雨が降ると喜ぶものの話でカタツムリが上がったら、「カタツムリの作り方を教えます」と言う子が出て、グーとチョキを重ねて作ってくれたので、
「グーチョキパー」(フランス民謡「フレール・ジャック」斉藤二三子 作詞)の手遊び唄で、グーとチョキとを重ねてカタツムリを作るのをしたのですが、ネットで確認したら、一部間違えていたみたい。(^^ゞ

「でんでんむし でむし でな かま ぶちわろ」
 でんでんむし、出てこないと殻をぶち割るぞ、という唄。人差し指で掌にぐるぐるを描いていて、最後にぱちんと叩きます。
関連記事

マルコ@クオピオ交響楽団

 クオピオ市で6/5に行われたコンサートの1場面。
 クオピオ交響楽団と地元のカルパホッケーチームの共催。この指揮者のAtso Almila(アッツォ・アルミラ?)という方、結構有名な方らしい。ソプラノはMarjukka Tepponen(マルユッカ・テッポネン?)

 曲は「オペラ座の怪人」の「All I Ask Of You」 なんと怪人ではなくラウルのマルコ。ごめん。画面見ないで聴いた方がいいかも。(;'∀')



関連記事

「History Of The Eagles」

 何十年もイーグルスを好きでい続けてて、今更何を聞いてもああやっぱりね、そりゃそうだよねって思える方にはお薦め。そんな方は既にお持ちでしょうが。
 逆に、最近好きになった、ちょっと気になってる、という方には薦めない。そういう方は、全曲聴いて歌詞も全部読んで、既に販売されてるライブDVDも観て、「Selected Works」で曲調分けされたCDも聴いてブックレットも読んで、それだけする程惚れ込んだなら、お薦めする。

 ディスク2の冒頭でグレンが、みんながただ聴くだけでなく、イーグルスを聴きながら色々なことをした、と言っているけれど、私も正にそうだったわけで。
 年齢的に、発売日にアルバムを買ったのは解散前のほんの一時だったけど、その後もイーグルスの歌は自分の生活と共にあり続けていたわけで、その歌に励まされたり、見方を変えさせてもらったり、立ち止まって周囲を見まわすことを教えてもらったり、色々色々。

 我が自我は、「昴」(谷村新司)によって背中を押され、「遠くで汽笛を聞きながら」(アリス)、「Desperado」「Wasted Time」を取り込みながら、途中で「eyes」「10years」(どっちも渡辺美里)を歌いつつ、「Take It Easy」に帰結する。(いいのかそこで!?)

 ま、今振り返って思うに、一番多感で世間知らずで怖いものなしで猪突猛進でおバカだった中高生の頃に、アリスとイーグルスという2大おじさまsに人生教えてもらってたんだね。

 みさっちゃんは、一緒に育ってきた感じ?
関連記事

「タブロウ・ゲート」(2)

tableaugate12.jpg
「タブロウ・ゲート」第12巻 鈴木理華 著(秋田書店 プリンセスコミックス)

 最新巻は久しぶりに、素敵、驚き、迫力といった、私にとって嬉しいシーンが多かった。
 サツキが刀を構えて、そこに月と太陽とが両脇から手を添えているところとか、上空に○○○が現れるところとか(すごい発想。爆笑)、月と死神との直接対決とか、サツキに跳び蹴りをくらわすレディの素晴らしさとか…。
 1番嬉しいのは、サツキが腹を決めたこと。これに続く掲載誌上では、目に力の宿ったサツキに色気さえ感じましたわ。

 現在、有隣堂横浜駅西口コミック王国にて、原画展が開催されています。先日東京へ出た折に行ってきました。この巻の好きなシーンばかりがあった感じ。カラーも満足~。とてもとてもきれいな原画でした。絵が本職の方の原画って、こんなにきれいなのかと感嘆しました。

 詳しくはご本人様のブログで。
「OWL FOREST Notebook」
関連記事

改良

 前に作ったやつを改良した。(6/3説明を追加)

lego_8.jpg  lego_9.jpg  lego_10.jpg
B120B
 前のB120を少し大きくして、腹にたくさん積めるようにした。
 左側の爆弾倉には手を加えておりません。右側には無誘導爆弾×24を搭載可能。

lego_11.jpg
M134改
 部品を見つけて6砲身にした。
 給弾方式を、銃身一体型弾倉から、弾薬ドラムからの給弾に変更。構造強化の為えらいゴテゴテしております。

lego_12.jpg
これは何だろう?
 ガンナーはなぜか特殊部隊っぽくなってる…。サブマシンガンとRPGを装備。
関連記事

プロフィール

龍華(略称るん)

Author:龍華(略称るん)
たま~に更新します。
読み聞かせの記録、贔屓にしているもの、季節ネタなど。
詳しくは「ご挨拶」を。

いま何時?

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

りばーし!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR