FC2ブログ
   
11
:
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

Valkeat

 何をきっかけにやったのか覚えてないんだけど、Facebookで「いいね」していたフィンランドのバンド「Valkeat」(白という意味だ)
 バンド構成にカンテレが入っている。歌はフィン語。カレワラの世界観、らしい。
 只今セカンドアルバム制作中とのこと。
 Spotifyでも聴けるし、密林でデータ売りもしてるし、ウェブショップのあるフィンランドのお店「レコードショップX」にも在庫があるし。



「Valkeat Facebook」

Ida Elina の新譜

 フィンランドのカンテレ奏者 Ida Elina の新譜「Game of my life」が発売されました。
 その中の1曲「Lighthouse」を、TV番組で演奏しました。
 番組は最初の3分半ほどが生演奏で、その後インタビューです。フィン語なので聞き取れませんが。
 この生演奏がとても素晴らしいので、リンクを張っておきます。
 MVよりも迫力があって、パーカッションポイントの音もクリアに聞こえます。これだけの手数と足でのペダル操作もしながら、歌唱も素晴らしい。新譜が出る度に完成度の高まった姿を披露してくれて、もう驚愕です。
TV録画「yle aamu-tv」
「Ida Elina 公式サイト」

Nordic Union

 最近知ってハマってるんですけど、Nordic Union





 11月に来日するプリティ・メイズのロニー・アトキンスさん(デンマーク)と、エクリプスやW.E.T.のエリック・モーテンソンさん(スウェーデン)とのプロジェクトだそうで。
 詳しくは、ワードレコーズさんのページへ。
 26日に新譜発売。

Jenni Vartiainen の新譜「Monologi」

 フィンランドで老若男女に人気のポップス歌手 Jenni Vartiainen の新譜が出ました。
 NightwishのFloorもフェスで会った写真をSNSに載せていたし、Kaiさんもファン。そしてMarcoと同じKuopioの音楽学校出身。

jenni_monologi.jpg



 いつもより1曲少なくて9曲。
 先にシングルで発表されていた曲も、アルバムでほかの曲と一緒に聴く方が素敵に感じる。
 不思議な魅力。素敵な声。

「Jenni Vartiainen Official Instagram」

フィンランド風夏至祭に行ってきた

 7日に長野県の小海町で開催された「フィンランドの夏祭り in こうみ」(こうみ塾、小海フィンランド協会:主催)に、タバタビトさん達と行ってきました。と言っても行き帰りは単独で、私は懐かしの小海線でがたんごとんと。群馬に住んでいた頃の一時期、山梨へたびたび通うのに乗っていて、途中下車して沿線を散策したりもしていました。当時のお気に入りの場所は、野辺山と龍岡城。今回は初めての松原湖駅降車、小海駅乗車。昔はなかった佐久平駅でも乗り継ぎの待ち時間に駅前に出てみました。

佐久平駅蓼科口     佐久平駅浅間口     松原湖駅
sakudaira.jpg   sakudaira_2.jpg   matsubarakoeki.jpg

 松原湖駅は、昔、降りた人たちがすぐ脇の急な坂道を登っていくのを見ながら、深い山の中にある駅なのかと思っていましたが、そうではなく、千曲川に沿った低い所を鉄道が走り、一段上に国道や家々があるという場所なのでした。そして件の急な坂道が最寄りバス停(松原湖駅入口)への近道でもあるのですが、この坂が!本当に急で、どんなに急いでいても荷物を背負ってこれを駆け上るのは無理、という勾配でした。松原湖行きの町営バスは先に小海駅前も通るので、鉄道を降りてからバスの通過時刻まであまり余裕がない時は、小海駅で乗るほうがいいと思います。あちらは駅舎すぐ前がバス停だし。あと松原湖駅は、木々に囲まれた谷底という感があるので、人によってはひとりでは怖い感じがするかもです。車用の広めの道も別にあります。

 夏祭りは、集客についてはサウナがメインのようですが、モルックという木杭を使ったゲームや、オーナメント作り、SUPとカヤックも楽しめます。
 ビュッフェでは、フィンランドの料理と地元小海町の料理とをいただけます。私は念願だったカルヤラン・ピーラッカを食べることができて満足です。
 フィンランド大使館のコッコ参事官ファミリーと、エストニア大使館の方もいらしていました。
 夕方には、夏至祭の篝火「コッコ」と七夕飾りの合体したものに点火し、小さいけれど花火も上がりました。

20180707.jpg   20180707_2.jpg   20180707_3.jpg

 宿泊は、松原湖高原キャンプ場のコテージに泊まりました。林の中のきれいな施設で、とてもいい感じでした。

 翌日はタバタビトさん達と別れ、すぐ隣の小海町高原美術館へ。
 特別展は竹久夢二です。私、群馬は伊香保の夢二記念館へも行ったことがありますが、実は夢二の美人画をあまり好きではありません。ですのでここに行ったのは、美術館があるから取り敢えず入ってみようという気持ちと、昼食をとってから発つ予定だったのでそれまでの時間つぶしという理由からで、あまり期待はしていなかったのですが、グラフィック・デザイナーとしての夢二がとてもいいことを知りました。これは、大椿柄の風呂敷を買ってしまうくらいの大収穫でした。(^^ゞ
 美人画以外の夢二を好きになってしまったよ。小海町高原美術館さん、ありがとう!
 そして併設のレストランへ行くと、なんとコッコ氏ファミリーがお茶してらっしゃいました。子どものフィン語がめちゃかわいいです。(*^-^*) 美術館をご覧になりたいといらしていたそうでした。
 美術館の鑑賞券は、レストランのドリンクとのセット券もあります。
(^^)v
 余談ですが、小海町ご出身の新海誠さんの展覧会をした時は、美術館創設以来最大の入館者数だったそうです。

隣に立っている展望台から見た美術館。バックに八ヶ岳(雲の中)
20180708.jpg

 帰りのバスと小海線との待ち合わせが1時間程度あったので、松原湖駅ではなく小海駅へ行き、周辺を少し散策しました。

小海駅         ツバメ       清流ふれあい橋から千曲川 
koumieki.jpg   20180708_3.jpg   20180708_2.jpg

 ところで、この、顔を突き合わせている(めり込ませている)白いオブジェはなんなのでしょうか? 湖畔にも美術館にもバス停にも、そこここにあります。(^^;)

Ida Elina 「Songbird」

 フィンランドのカンテレ演奏家でゴスペルのシンガーソングライター Ida Elina が、新曲を発表しました。
 この世を去ったご友人のために作られた曲だそうですが、とても美しいです。YouTubeに歌詞が載っています。


「希望のかなた」観てきた



 カウリスマキ作品を観たのは初めてだったのだが、面白かった。
 間の取り方というか、カットのしかたというか、妙な様式美のような感じがあって面白い。
 シリアスな話を扱いながら、ユーモアもきれいに入れてくる。 
 音楽の入れ方が絶妙。
 他の作品も観たくなった。ハマるわコレ。

「映画『希望のかなた』公式サイト」

「サーミの血」観てきた(去年)

 『スウェーデンのアカデミー賞と言われる「ゴールデン・ビートル賞」で、脚本賞、編集賞、観客賞、そして主演女優賞をレーネ=セシリア・スパルロクが受賞』(公式Facebookより抜粋)



 年末に、馬鹿みたいに忙しい中、無理やり時間をねじ込んで観てきました。その甲斐がある素晴らしい作品でした。

 悲しいのは、日本での「売り方」の薄っぺらさ。実際に作品を観て受け取った自分の感情が、パンフで監督の言葉を拝見して的外れでないことを思うと、違和感しか抱けません。でも、これを日本で「売る」には、この方向での売り方しかないのだろうな、ということには悲しいかな同意せざるを得ません。

 私は、ラストシーンを観、音声を聴いた時、主人公の魂は救われた、と感じました。

 日本での宣伝文句の「その先」を描いている作品です。

「映画『サーミの血』公式サイト」

Jouluradioが通年放送

 フィンランドのクリスマス時季限定のラジオ放送だったヨウル・ラディオが、今年は通年放送するんだそうです。ネットでも聴けます。さすがにメインの赤丸チャンネルのみですが。

 で、早速聴いてみましたが、あくまでも私の感想ですけど、やはり季節外れな感じが大きい…。
 まあ、気が向いたら聴くかな…。

「Jouluradio.fi」

カンテレ本、新刊

 今年の夏のコミックマーケットで、アニメ「ガールズ&パンツァー」からの同人誌としてカンテレの教則本が作られましたが、冬コミでその続編が出ました。そして今「とらのあな」サイトで委託販売されています。

本のタイトルは「カンテレでHome! Sweet Home! を弾きたいだけの人生だった方々へのFibelでもない読み物」

作者 水木玲那さんのブログ「pleaseX(プリーズエックス)」

「とらのあな 該当ページ」

 前作が、カンテレの演奏方法以外にもいろんな意味で面白かったので、私は今回も発注済みです。資料としても一家に一冊、いかがですか? (^^)

Hyvää itsenäisyyspäivää!

 フィンランド独立100周年おめでとうございます!

20171206_1.jpg    20171206_2.jpg    20171206_3.jpg
(フィンランド・デザイン展で買ってきたiittala Kastehelmi のキャンドルホルダー、独立100周年記念カラー。色によって材料費が違うのが売価に反映されるので、青色は安くてよかった。(^^ゞ)

Xmas Concert with KRAJA

 スウェーデンの女声4人アカペラ・グループ「Kraja(クラヤ)」がジャパン・ツアー中で、昨日、山形市でもコンサートがありました。会場は、映画やTVの撮影でもよく使われている重要文化財指定の「文翔館」旧県会議事堂です。

171201_1808~01  171201_1806~02  171201_1802~01
旧県会議事堂     旧県庁舎      旧県庁舎 

Krajaの楽譜、CD、プログラム、チケット
kraja201712.jpg
 CDは上のが1stで、日本盤は完売でもう買えないのですが、今回彼女たちが本国から持参してくれました。(サインいただきました(^^)v) 下のが最新のクリスマス・アルバムです。

 ソプラノ2人、アルト2人の4人編成で、楽器は一切入らない完全なアカペラです。
 コンサートは、ソプラノの1人による山で放牧されている牛を集めるための呼び声で始まったのですが、この声が、張りがあるなんて言葉だけでは到底表現しきれない! これだけはマイクなしだったのですが、空気を切り開き遙か遠くどこまでも突き進んでいくような、圧倒的な強さを持った声でした。
 4人の歌声は、強弱やバランスがこの上ないほど絶妙で、結成16年だそうですが、本当によく息の合った素晴らしいものでした。どの曲を聴いても、ずっとその歌声の波の中でたゆたっていたくなる、とても気持ちのいい時間でした。

 ジャパン・ツアーは今日は横浜。フィンランドのカンテレ4人組「Kardemimmit(カルデミンミット)」とも共演するそうです。その後6日まで静岡、岐阜、兵庫と訪れるそうです。
「Kraja」
「Kraja公式サイト」
「Kraja Facebook」

プロフィール

龍華(略称るん)

Author:龍華(略称るん)
たま~に更新します。
読み聞かせの記録、贔屓にしているもの、季節ネタなど。
詳しくは「ご挨拶」を。

いま何時?

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

りばーし!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR