FC2ブログ
   
11
:
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

またまたブランド布の無駄使い

 裏地付きにしたいとか、布端は袋縫いにしたいとか、底の角を丸くしたいとか、ダーツを入れたいとか、両絞りの巾着にしたいとか、絞り位置の上側をたくさんひらひらさせたいとか、内ポケットをつけたいとか、折り畳んで携帯できるように取っ手もたためるようにしたいとか、わがままな使い勝手の欲求に忠実にしたので、市販品ではありえないめんどくせー作り方になって、苦しみました。これを自業自得と言う…。
 でも実際使いやすい。(*^^)v

201806_1.jpg     201806_2.jpg

ピエニ&ミニウニッコのバッグ

 今回の東京行きに持って行くために作った、ピエニ・ウニッコとミニ・ウニッコとを使った大きめバッグです。

bag_3.jpg

 この色は2016年春の限定色で、いつもハーフ&ハーフのカットされた布を買う時、その時点では何を作るか考えていなくてとりあえず買っているので、こういうありえない使い方になったりします。(^^;) 最初はピエニと他の布を組み合わせようと思ったんですが、同色のミニもあるじゃないかと思い立ち、こんな結果に。

 底のキルティングとファスナーとを紺にして、持ち手も紺にしたかったんだけど、丈夫そうな本革でこの長さのものでは紺を見つけ出せず、妥協の黒にしたんですが、やはり印象がかなり強くなりましたな。紺だったなら…、と夢想してみる。まあこれはこれでよいですけど。

 中に、大ポケット1、小ポケット3、ペットボトルなど用ポケット2と、自分の理想を詰め込んだので、実際の使い勝手もかなり良かったです。その分、作る工程が増えて、時間がかかりましたけど。

ミニウニッコのバッグ(2)

 下手なくせにブランド布を使ってしまう。(^^ゞ 好きな柄なんだからしょうがないです。大目に見てください。m(__)m

bag_2.jpg

 2014年クリスマスシーズン限定のサテン生地です。それを今ごろ形にした、と…。旬のネタをわざとずらすのはいつものことです。( ̄▽ ̄)
 特筆すべきはこのボタン。趣ある木のボタンがうちにあったのです。ついでに、内袋の紫のサテンも、ミニタッセル付きの赤い紐(実物はもっと濃い赤です)も、なぜかうちにあったものです。

 ミニウニッコ柄のバッグをもうひとつ計画中ですが、付けたかった持ち手がこの世に存在しない(売っていない)デザインだったので、頭の中で代替え案と格闘中です。本当に使えるものができるんだろうか…。(^▽^;)

迷彩柄エプロン

epuron.jpg

 町内イベントで、蕎麦打ちを手伝うことになったので、作ってやった息子のエプロン。「米海軍 Navy Working Uniform デジタルパターンカモ リップストップ織り 試験反」という生地を使用。(^^ゞ

ミニウニッコのバッグ

bag.jpg

 最初は「なんじゃ、こりゃ?」と思ったウニッコ(ケシの花)柄。周りで目にする機会が増えるにつれ、かわいく感じるように…。で、ミニウニッコの生地を買って、グラニーバッグを作ってみた。
 作り慣れていないので、近くで見るといろいろとボロが…。
 先週完成していたんだけど、3月はいろいろと忙しく、今頃UP。まだ2月の読み聞かせの記録も残っている…。

お礼

kinchaku1.jpg kinchaku2.jpg

 ちょっとお礼に差し上げるのに、小風呂敷で作ってみた巾着。

koburosiki raberu

 小風呂敷のメーカーは、ラベルにこれだけしか書いてないので、不明。作り方は、小風呂敷の売り場で配布されていたもの。
 紺に見える部分の本当の色は、紫なんです。写真って…。

プロフィール

龍華(略称るん)

Author:龍華(略称るん)
たま~に更新します。
読み聞かせの記録、贔屓にしているもの、季節ネタなど。
詳しくは「ご挨拶」を。

いま何時?

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

りばーし!

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR